国家が破産する日 感想・レビュー 2件

こっかがはさんするひ

総合評価2.5点、「国家が破産する日」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「つまらない」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2019-12-05

つまらない反米映画だった。さらに、IMFが財閥を守るために働いた、というのは史実と異なる。

P.N.「チョヌン、イルボンサラミンミダ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2019-11-20

昨年11月に韓国で封切りされた「国家不渡りの日」、公開されて1週間で150万人以上を動員して人気化した映画。舞台は1997年のアジア通貨危機の韓国編で、韓国中央銀行や政府が危機に陥った際の孤軍奮闘を描いた作品だ。今までアジア通貨危機韓国編は、日本の謀略によって発生したと韓国社会では常識となっていた。今回の映画は、IMFと米国によるコンスペラシーという視点になっており、現在の反米・反日・親北朝鮮に妙に繋がっている。アジア通貨の一番の要因は、金泳三による対米面従腹背政策で、在韓米軍の機密情報を中国に横流ししていたのが米国に知られ、その報復として窮地に陥った韓国へのドルの融通を拒否、日本に対しても同様に緊急融通を停止させる事で、最終的にIMFの管理下に入っていった。リーマンショックで同様の体験をした私には、良い教訓となった映画と言えよう。果たして歴史は繰り返されるのだろうか…。

最終更新日:2020-08-09 13:25:03

広告を非表示にするには