ソワレ 作品情報

そわれ

若い男女の切ない逃避行

ソワレのイメージ画像1
ソワレのイメージ画像2

役者を目指し上京した若者・岩松翔太は、生まれ育った海辺の街の高齢者施設で演劇を教えることに。そこで働く山下タカラと、ある事件をきっかけに先の見えない逃避行を始める…。

「ソワレ」の解説

俳優・豊原功補、小泉今日子、外山文治監督らで立ち上げた映画制作会社「新世界合同会社」の第1回目のプロデュース作品。和歌山を舞台に若い男女の切ない逃避行を描く。主人公の翔太を実力派俳優・村上虹郎、ヒロインのタカラをインディーズ映画で最注目の新星・芋生悠が演じる。(作品資料より)

ソワレのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年8月28日
キャスト 監督・脚本外山文治
出演村上虹郎 芋生悠
配給 東京テアトル
制作国 日本(2020)
年齢制限 PG-12
上映時間 110分

(C)2020 ソワレフィルムパートナーズ

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「勝2」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-09-09

70余歳の映画好きです。コロナ感染自粛の頃から若い世代の映画を観る習慣できました。「his」からストーリー展開より、心の表現や監督の個性などに関心が湧いてきて、「ソワレ」も自粛前のシアターでの予告編で気になっていました。どうしても筋の展開に気が取られ、初回は見落としがあり、今回も2度目の鑑賞でいろいろ気付きもあり、主役2人の思いの推移や、前半の伏線もよく理解出来ました。ラストの大泣きも胸に落ちて感動が深まりました。虹郎氏が際立つ存在で、タカラの芋生悠始め、この地域や環境で生きているような地味さでしたが、和歌山の風景に馴染んだ俳優たちがだんだん鮮明な演技を示してきて圧倒的でした。芋生悠の変化していく表現、存在の厚みは凄い。映画の醍醐味でした。背伸びして新しい映画鑑賞に挑戦していきます!

最終更新日:2020-09-26 00:01:02

広告を非表示にするには