爆破命令 作品情報

ばくはめいれい

麻薬特捜班員の活躍を描くアクションドラマ

深夜の国道で大型トラックが爆発した。事故現場に王英漢の焼けこげた旅券が落ちていた。彼は戦後最大の麻薬王で、犯行は一味の裏切者に違いない。特捜班は香港からの動静を待った。数日後、香港から陳という男が来日した。彼の身柄は吉田があずかり、護衛に“早射ちの武”をつけた。吉田の事務所で陳は紀子という娘に会った。彼女の父は半月前から行方不明。陳の質問に、彼女は何も語らない。父親の行方不明は爆破事件の二日前からだった。武には護衛以上の役目があった。が、腕は陳の方が上だった。武は戦争中のある事件から人間嫌いになっていた。紀子と陳は父が姿を消した病院に行った。

「爆破命令」の解説

麻薬特捜班員の活躍を描いたアクション・ドラマで、「特捜班5号」のコンビ秋元隆太の脚本を野村孝が監督した。撮影は萩原泉。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督野村孝
出演二谷英明 香月美奈子 永井智雄 木浦佑三 玉村駿太郎
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「爆破命令」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-07-10 00:02:37

広告を非表示にするには