CLIMAX クライマックス 作品情報

くらいまっくす

トランス状態のダンサーが過ごす地獄の一夜

CLIMAX クライマックスのイメージ画像1
CLIMAX クライマックスのイメージ画像2

1996年、冬。アメリカ公演のリハーサルのため22名のダンサーたちが、人里離れた廃墟の校舎に集まった。リハーサル最後の夜、彼らはパーティーを始める。大音量の中、サングリアを飲み、思い思いにダンスをするうち、彼らはいつの間にかトランス状態に陥っていく。実はサングリアの中にLSDが混入していたのだ。誰がLSDを入れたのか、疑心暗鬼になったダンサーたち。ある者は踊り続け、ある者は暴力をふるい、ある者は欲望をむき出しにしていく…。

「CLIMAX クライマックス」の解説

フランスの鬼才映画監督、ギャスパー・ノエの長編映画5作目。人里離れた廃墟の中で、LSDの影響で徐々に人間の本能をむき出しにしていくダンサーたちの姿を、鮮烈な映像で描き出していく。主演のソフィア・ブテラ以外のキャストは、ほぼ演技経験のない本物のダンサーたちだ。研ぎ澄まされた肉体を持つ彼らが見せるダンスや演技は、凄まじい人間のパワーを感じさせる。狂乱状態に陥る前に見せるダンスシーンの見ごたえも素晴らしく、ヴォーグ、ワッキング、ソウル、クランプ、フレキシングなどの様々なダンスを堪能できる。ギャスパー・ノエは1996年にフランスで起きた事件に触発され、この過激な作品を作り上げた。

CLIMAX クライマックスのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年11月1日
キャスト 監督・脚本ギャスパー・ノエ
出演ソフィア・ブテラ ロマン・ギレルミク スエリア・ヤクーブ キディ・スマイル
配給 キノフィルムズ
制作国 フランス=ベルギー(2018)
年齢制限 R-18
上映時間 97分
公式サイト http://climax-movie.jp/

(C)2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-10-16

ヴィム・ヴェンダース監督作品にもコンテンポラリーなダンスを主題にしたピナ・バウシュのドキュメント〈ピナ~踊り続ける生命〉が在ったけれど息詰まる本篇も観て見たい!

最終更新日:2020-08-11 16:15:58

広告を非表示にするには