ひとよ 作品情報

ひとよ

時間が止まってしまった一家の、葛藤と戸惑い

ひとよのイメージ画像1
ひとよのイメージ画像2

雨の降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはるは、それが最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて夫を車で轢き殺した。そして、こはるは15年後に戻ってくると子どもたちに誓い、家を去った―。それから時は流れ、現在。次男・雄二、長男・大樹、長女・園子の三兄妹は、あの日から心に傷を抱えたまま、それぞれの人生を歩んでいた。そんなある日、母・こはるが帰ってきた。15年ぶりの再会を果たした子供たちの気持ちはさまざまで…。

「ひとよ」の解説

鶴屋南北戯曲賞や読売文学賞などの受賞歴がある劇作家・桑原裕子が、作・演出を手がけた「劇団KAKUTA」の2011年初演の同名舞台を、『凪待ち』の白石和彌監督が映画化。ある事件をきっかけにバラバラになった家族の15年ぶりの再会と、再生を願う葛藤と戸惑いを描いたヒューマンドラマ。東京でフリーライターとして働く次男・雄二を佐藤健、夫婦関係に思い悩む長男・大樹を鈴木亮平、美容師になる夢を諦めスナックで働く妹・園子を松岡茉優が好演。しかし何といっても見どころは、母親・こはるを演じる田中裕子の名演だろう。“血のつながり”に縛られる家族の苦悩を表現した高橋泉の脚本も見事だ。

ひとよのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年11月8日
キャスト 監督白石和彌
原作桑原裕子
出演佐藤健 鈴木亮平 松岡茉優 田中裕子 佐々木蔵之介 音尾琢真 筒井真理子 浅利陽介 韓英恵 MEGUMI 大悟
配給 日活
制作国 日本(2019)
年齢制限 PG-12
上映時間 123分
公式サイト https://www.hitoyo-movie.jp/

(C)2019「ひとよ」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「シルエット」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-11-12

とにかく素晴らしかった。
今まで観た邦画の一番!
ついこの間観た「ジョーカー」の持つエネルギーに勝るとも劣らなかった。

佐藤健、田中裕子を始め、どの人も素晴らしかった。

それぞれの人が持つ人生の悲しみに、途中から涙が溢れた。

最終更新日:2019-11-18 23:30:04

広告を非表示にするには