映画「二宮金次郎」 作品情報

にのみやきんじろう

二宮金次郎、激動の生涯

映画「二宮金次郎」のイメージ画像1
映画「二宮金次郎」のイメージ画像2

幼い頃、両親が早死にし、兄弟とも離れ離れになった二宮金次郎。青年になった金次郎は、文政元年(1818年)、小田原藩真に桜町領(現・栃木県真岡市)の復興を任される。金次郎は、「この土地から徳を掘り起こす」と、“仕法”と呼ぶ独自のやり方で村を復興させようとするが、金次郎が思いついた新しいやり方の数々は、金次郎の良き理解者である妻・なみのお蔭もあり、岸右衛門ら一部の百姓達には理解されるが、五平ら保守的な百姓達の反発に遭う。そんな中、小田原藩から新たに派遣された侍・豊田正作は、「百姓上がりの金次郎が秩序を壊している」と反発を覚え、次々と邪魔をし始める。

「映画「二宮金次郎」」の解説

復興に命を賭けた二宮金次郎の、ドラマチックな生き様を描いた感動作。主人公の金次郎を、「水戸黄門」格さん役でお馴染みの合田雅吏が演じる。監督は『地雷を踏んだらサヨウナラ』『長州ファイブ』の五十嵐匠。(作品資料より)

映画「二宮金次郎」のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年6月1日
キャスト 監督五十嵐匠
原作三戸岡道夫
出演合田雅吏 田中美里 成田浬 榎木孝明 柳沢慎吾 田中泯 犬山ヴィーノ 長谷川稀世 竹内まなぶ 石田たくみ 渡辺いっけい 石丸謙二郎 綿引勝彦
配給 映画二宮金次郎製作委員会
制作国 日本(2019)
上映時間 113分
公式サイト https://ninomiyakinjirou.com/

(C)映画「二宮金次郎」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「チャーリー」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-09-01

二宮金次郎といえば、薪を背負って本を読んでいる少年。それだけしか知らかった。その後の金次郎は国をも変える偉業を成し遂げていたとは。手本は金次郎にあり。今の時代にも十分通じる手法もあり、もう一度仕事や生活を見つめ直す機会をいただいた。いやーハンカチを離せなかった。

最終更新日:2020-01-27 00:01:06

広告を非表示にするには