島守の塔 作品情報

しまもりのとう

島守の塔のイメージ画像1

太平洋戦争末期、アメリカ軍が沖縄に上陸。アメリカ軍の攻撃は容赦なく、住民を巻き込んだ地上戦となった。日本が総力戦へと突っ込んでいった沖縄戦末期、本土より兵庫県出身の知事・島田叡と栃木県出身の警察部長・荒井退造が派遣される。島田は度重なる軍の命令に応え内務官僚としての職務を全うしようとするが、戦況が悪化するにつれ、自分が県政のトップとして軍の論理を優先し、住民保護とは相反する戦意高揚へと向かわせていることに苦悩。そして多くの住民の犠牲を目の当たりにして、県民の命を守ることこそが自らの使命であると決意する。警察部長の荒井も島田と行動を共にし、職務を超えて県民の命を守るために奔走する。島田が着任する前、荒井は沖縄を離れていた前知事に代わって県民の疎開を必死に推し進めていたが、本土に向かっていた学童疎開船・対馬丸が米軍の攻撃に遭い、数多くの子供達が犠牲となった。対馬丸には荒井が疎開をすすめた部下の家族も乗りあわせていた。一方島田は、県政の責任者として軍の命令を受け、鉄血勤皇隊やひめゆり学徒隊として多くの青少年を戦場へと向かわせていた。そんな十字架を背負う二人は、戦禍が一層激しくなる中、命がけで県民の疎開に力を尽くした。一億総玉砕が叫ばれる中、敗走しながらも、島田は命どぅ宝(命こそ宝)と訴え、生き抜くよう伝えていった。

「島守の塔」の解説

太平洋戦争末期の沖縄戦の中で県民の命を守ろうと尽力した沖縄県知事・島田叡と警察部長の荒井退造を軸に、命や平和の尊さを描いた戦争ドラマ。本土から赴任した島田は多くの住民の犠牲を目の当たりにし、警察部長の荒井と共に、命がけで県民の疎開を進める。監督は、「地雷を踏んだらサヨウナラ」「二宮金次郎」の五十嵐匠。家族を残し沖縄に赴任した島田を萩原聖人が、島田と共に最後まで県民の命を最優先に戦った荒井を村上淳が演じる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年7月22日
キャスト 監督五十嵐匠
出演萩原聖人 村上淳 吉岡里帆 池間夏海 榎木孝明 成田浬 水橋研二 香川京子
配給 毎日新聞社=ポニーキャニオンエンタープライズ
制作国 日本(2022)
上映時間 130分
公式サイト https://shimamori.com/

(C)2022 映画「島守の塔」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「柊」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2022-08-04

久しぶりに感動した「戦争ドラマ」でした。沖縄戦の映画作品もたくさんありますが、実写と創作の割合も生きているし、戦時中の徹底した軍事教育も恐ろしい!若者たち女性たち男たちの多くの人に観てほしい。絶対後悔しない!

最終更新日:2022-08-18 16:09:00

広告を非表示にするには