歎異抄をひらく 作品情報

たんにしょうをひらく

なぜ、善人よりも悪人なのですか。

歎異抄をひらくのイメージ画像1
歎異抄をひらくのイメージ画像2

鎌倉時代、1200年代初め。貧しい農家に生まれながらも賢く利発な平次郎は、ある日、親鸞聖人と出会い、多くを学び成長していく。やがて京に戻った親鸞聖人を追って故郷を離れた平次郎は、「唯円」という名を授かり、仲間たちとともに親鸞聖人のもとで仏教を学ぶ。そんな中、かつての友人が苦境に立たされていると知った唯円は、なにも出来ない自分への無力感にとらわれ苦悩する。なぜ、善人よりも悪人が救われるのか?人は、なぜ生きるのか?「すべての人間が悪人であり、救われるために条件はない」という親鸞聖人の言葉の真意が解き明かされていく…。

「歎異抄をひらく」の解説

アニメ映画「なぜ生きる」シリーズの第2弾。鎌倉時代後期に書かれ、歴史にその名を刻む「歎異抄」は、古今東西、多くの知識人たちを魅了し続けてきた。「歎異抄」の何が、これほどまでに人々を惹きつけてやまないのか。本作では、日本人の思想にも大きく影響を与えたとされるこの書物の真意が、物語の中であざやかに紐解かれていく。親鸞聖人を演じるのは、本作が劇場版アニメ初主演となる名優・石坂浩二。日本映画界きっての博識で知られる石坂ならではの知性豊かな声が、物語に奥行きと深みを与えている。(作品資料より)

歎異抄をひらくのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年5月24日
キャスト 監督大野和寿
原作高森顕徹
声の出演石坂浩二 増田俊樹 細谷佳正 本泉莉奈 市来光弘 三木眞一郎 白井悠介 伊藤健太郎[声優]
配給 キュー・テック
制作国 日本(2019)
上映時間 97分
公式サイト https://tannisho.jp/

(C)「歎異抄をひらく」映画製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.68点★★★☆、25件の投稿があります。

P.N.「やまゆり」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-06-06

あの司馬遼太郎氏が感動したといわれる古典・歎異抄の内容を、日常会話の形式で映画にされ、
言葉の意味がよくわかり素晴らしかったです!
アニメーション映画として、絵や描写も美しく良かったです。

最終更新日:2020-10-02 00:01:08

広告を非表示にするには