海獣の子供 作品情報

かいじゅうのこども

五十嵐大介の漫画を、STUDIO4℃が映像化

海獣の子供のイメージ画像1
海獣の子供のイメージ画像2

ハンドボール部に所属する中学生・琉花は、トラブルで夏休み早々部活禁止になってしまう。やさぐれた彼女は、シューズを買うためのお金で東京へ行き、そこで海の生物と交感する力をもつ不思議な少年、海と出会う。翌日、父親の勤務する水族館で、海と再び会った琉花は、父親に海の面倒を見ることを命じられた。いなくなった海を探しに浜辺に出た琉花は、海の双子の兄、空とも出会う。海と比べ軽い性格の空に、琉花は反発しながらも交流を深めていく。同時期、海には隕石が落ち、世界では“白斑”を持つ魚が光となって消える現象が多発していた。

「海獣の子供」の解説

自然世界への畏敬を独自の漫画表現で読者を魅了し続ける漫画家・五十嵐大介の「海獣の子供」を、映画『鉄コン筋クリート』のSTUDIO4℃が映像化。主人公・琉花を演じるのは、映画・ドラマ・CMにて幅広く活躍する女優・芦田愛菜。琉花と共に物語の鍵を握る二人の少年「海」と「空」には若き新星たちがキャスティング。映画『リメンバー・ミー』で主人公ミゲル役の日本語吹替版声優に大抜擢をされた石橋陽彩が弟の「海」を、また兄の「空」には、昨年『泣き虫しょったんの奇跡』にて映画初出演ながら確かな存在感を残した窪塚愛流が演じる。監督は『ドラえもん のび太の恐竜2006』『宇宙兄弟#0』の渡辺歩。(作品資料より)

海獣の子供のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年6月7日
キャスト 監督渡辺歩
原作五十嵐大介
音楽久石譲
声の出演芦田愛菜 石橋陽彩 窪塚愛流 稲垣吾郎 蒼井優 渡辺徹 富司純子
配給 東宝映像事業部
制作国 日本(2019)
上映時間 111分
公式サイト https://www.kaijunokodomo.com/

(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフ・ジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2019-06-16

一口に言えば、スピリチュアル系。ストーリーらしいストーリーは無く、製作者の死生観や世界観がテーマ。ミステリアスな人物が多数出てくるが、ミステリアスなだけで終わり、主人公の心理や人間関係には大きな変化がなく、ありのままを見せる。ブラピの「ツリー・オブ・ライフ」が好きな人向け。一方で、鮮やかな自然の表現は、群を抜いて素晴らしい。深海から宇宙に繋がる描写は、ため息が出るほど美しかった。

最終更新日:2019-06-19 00:01:02

広告を非表示にするには