ラ・ヨローナ ~泣く女~ 作品情報

らよろーななくおんな

すすり泣きと共に現れる悪霊の狙いは子供…

ラ・ヨローナ ~泣く女~のイメージ画像1
ラ・ヨローナ ~泣く女~のイメージ画像2

1973年、ソーシャルワーカーのアンナは、児童監禁の疑いがあるパトリシアの家を警官と共に訪れる。パトリシアの静止を振り切り、アンナは2人の子供を助け出して福祉施設に収容するが、その夜、その子供たちは溺死してしまう。その日からアンナの二人の子供の前に、白い衣装をまとった“女”が姿を表すようになる。それはかつて自分の子供を川で溺死させてしまった女の悪霊“ラ・ヨローナ”だった。悪霊の目的は子供たちだった。

「ラ・ヨローナ ~泣く女~」の解説

「死霊館」シリーズのジェームズ・ワン製作によるホラー映画。本作は独立した話だが、シリーズ『アナベル 死霊館の人形』の登場人物も脇に出ている事から、同じ世界の出来事のようだ。「ラ・ヨローナ」とは、夫への復讐のために自分の子供を溺死させた女の悪霊の事で、実際に中南米に伝わる怪談。それらの地域では言う事を聞かない子供がいると、大人が「ラ・ヨローナが来てお前を連れて行ってしまうよ」と脅かすのだという。古典的な幽霊話だが、アメリカでは知名度が高い。本作はその悪霊を1970年代のアメリカに蘇らせ、子供達を守るために母親が悪霊に対抗するという直球のホラームービーになっている。すすり泣きと共に現れる白装束の女性の悪霊は、どこか日本的でもある。映画を見た後は、しばらくは一人で水辺に行くのが怖くなるだろう。

ラ・ヨローナ ~泣く女~のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年5月10日
キャスト 監督マイケル・チャベス
出演リンダ・カデリーニ マデリン・マクグロウ ローマン・クリストウ レイモンド・クルツ パトリシア・ベラスケス
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2018)
上映時間 93分
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/lloronamoviejp/

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ラ・ヨローナ ~泣く女~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-05-18 00:01:02

広告を非表示にするには