AI崩壊 作品情報

えーあいほうかい

個人情報を掌握したAIが、人類を選別し殺戮する

AI崩壊のイメージ画像1
AI崩壊のイメージ画像2

2030年、科学者の桐生浩介が亡き妻のために開発した医療AI「のぞみ」は、年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴といった全国民の個人情報を管理していた。いまやなくてはならない存在の「のぞみ」だったが、突然、暴走を開始する。AIが生きる価値のない人間を選別して殺し始めたのだ。警察庁の桜庭は、AIを暴走させたのは開発者の桐生と断定する。一方、身に覚えのない桐生は身を隠しながら、なんとか事態の収拾を目指すが…。

「AI崩壊」の解説

映画の舞台は、AIが人間の生活に欠かせない存在となった2030年の日本。国民の個人データを完全に掌握したAIが、人間の生きる価値を選別し、やがて殺戮を始めるという衝撃的な設定のもと、手に汗を握るノンストップ・サスペンスが展開する。監督を務めるのは、『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』の入江悠。CGに頼らないリアルな撮影にこだわったとのことで、一般道路を全面封鎖してのカーアクションや、巨大な貨物船を貸切るなど、その臨場感に注目したい。大沢たかおが画期的なAIの開発者で天才科学者を演じるほか、賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典、松嶋菜々子、三浦友和ら豪華キャストが集結した。

AI崩壊のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年1月31日
キャスト 監督・脚本入江悠
出演大沢たかお 賀来賢人 岩田剛典 広瀬アリス 三浦友和 高島政宏 芦名星 玉城ティナ 余貴美子 松嶋菜々子
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 日本(2020)
上映時間 131分
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/ai-houkai/

(C)2019「AI崩壊」製作委員会

AI崩壊のロケ地

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3.82点★★★☆、11件の投稿があります。

P.N.「見せかけの知能=AI」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2020-02-19

この世に存在する情報は、すでに、同時に存在すると言う、サイエンスの常識からすれば、人工知能も、知らぬ誰かの情報。

自然、この森羅万象に同時存在する情報に比べれば、見せかけの知能。

AI

この映画も、ハリウッド映画に有りそうな構成、フォーマット。

様々な、要素も、コンテンツもハリウッド、あるある。

なんだか、焼き直し。

スマホに魅せられた今の日本人みたい。

日本の機能性携帯電話は、すでに、15年以上は、スマホの先を行っていた。それを棄て他者依存の日本の基盤は崩れ、まさしく、崩壊。

スマート(賢い)より、ながらスマホの、文化的退化が進む昨今、見せかけの指導や、見せかけの有名人ばかり増え、やはり、日本は崩壊に向かっているとも言える。

これを機に、目を覚ます人々が増えることを願うばかりだ。

最終更新日:2020-02-20 16:00:02

広告を非表示にするには