植村直己物語 作品情報

うえむらなおきものがたり

世界的冒険家、植村直己の生涯を描く

グリーンランドのシオラパルクに滞在し、3000キロの犬橇単独行を成し得た植村直己は、久しぶりに東京に戻って来た。彼は駅の階段で偶然出逢った女性と馴染みの店で再会した。そして数日後、その女性野崎公子に自分の著書をプレゼントする。それを読みながら、これまでの植村の人生を知る公子。明治大学山岳部で落ちこぼれだった植村は、卒業後4万円だけ持って、横浜より移民船で渡米した。

「植村直己物語」の解説

原作は植村直己、脚本は岩間芳樹と佐藤純彌の共同執筆。監督は「空海」の佐藤純彌。撮影は「人生劇場(1983)」の並木宏之がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐藤純彌
出演西田敏行 倍賞千恵子 大滝秀治 丹阿弥谷津子
制作国 日本(1986)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「植村直己物語」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-28 00:02:41

広告を非表示にするには