花嫁会議 作品情報

はなよめかいぎ

梅田晴夫と椿澄夫の共同脚本を映画化

中西元吉と次郎の兄弟はいずれも十年来の男やもめであった。ところがその元吉が千代子という女性と見合をすることになり、次郎が介添役として出かけて行った。家では次郎の娘その子と息子良一、叔母由子が留守番をしていた。するとそこに丹羽為五郎という不精ひげの男が現われ、一同に対して傍若無人の振舞をした。為五郎は次郎が会社の専務から預ってくれと頼まれた人物であった。その子と由子はファッションモデル学校の先生宮本を次郎と結婚させようと考えていたが、次郎には山村さんという意中の人があった。一方元吉は見合いの相手の千代子に惚れこんでしまったが、思いを表現出来ずもたもたしていた。

「花嫁会議」の解説

「芸者小夏 ひとり寝る夜の小夏」の共同脚色者の一人、梅田晴夫と「お笑い捕物帖 八ッあん初手柄」の共同脚色者の一人、椿澄夫の共同脚本を「青い果実」の青柳信雄が監督、「帰って来た若旦那」の遠藤精一が撮影を担当した。主なる出演者は「青い果実」の柳家金語楼、小林桂樹、小泉博、岡田茉莉子、「ジャンケン娘」の雪村いづみ、「姿なき目撃者」の久慈あさみ、越路吹雪、「旅路(1955)」の池部良、「いらっしゃいませ」の森繁久彌、「生きものの記録」の千秋実など。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督青柳信雄
出演柳家金語楼 雪村いづみ 本間文子 小林桂樹 浪花千栄子
制作国 日本(1956)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「花嫁会議」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-24 00:02:44

広告を非表示にするには