GODZILLA 星を喰う者 作品情報

ごじらほしをくうもの

アニメーション映画「GODZILLA」三部作、最終章

GODZILLA 星を喰う者のイメージ画像1
GODZILLA 星を喰う者のイメージ画像2

武装要塞都市<メカゴジラシティ>を起動させ、<ゴジラ・アース>に挑んだハルオたちだったが、この作戦の中、かねてより共存してきた異星人種族の一つビルサルドと人間たちとの亀裂が表面化する。<ゴジラ・アース>を倒す唯一のチャンスを捨て、ハルオはビルサルドのリーダー・ガルグを葬ってしまう。一方、ハルオの幼馴染であるユウコはビルサルドによる人体の強制ナノメタル化により、脳死状態に陥ってしまった。人間たちに広がる敗北感と虚無感。もう一方の異星人、宗教種族エクシフの大司教・メトフィエスは、ハルオが戦いに生き延びたことは“奇跡”だと唱え、信者を増やしていく。それはエクシフが秘め隠してきた“究極の目的”のためだった。やがて、<ゴジラ・アース>を打ち倒す者がいなくなった地球に、金色の閃光を纏った<ギドラ>が降臨し、天地を揺るがす超次元の戦いが始まる。

「GODZILLA 星を喰う者」の解説

ゴジラ映画史上初のアニメ―ション映画『GODZILLA』三部作の最終章。監督は『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』の静野孔文と、TVアニメ「シドニアの騎士 第九惑星戦役」の瀬下寛之のダブル体制。ストーリー原案・脚本を「魔法少女まどか☆マギカ」「PSYCHO-PASS サイコパス」の虚淵玄が担当する。(作品資料より)

GODZILLA 星を喰う者のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年11月9日
キャスト 監督静野孔文 瀬下寛之
ストーリー原案・脚本虚淵玄
声の出演宮野真守 櫻井孝宏 花澤香菜 杉田智和 梶裕貴 小野大輔 堀内賢雄 中井和哉 山路和弘 上田麗奈 小澤亜李 早見沙織 鈴村健一
配給 東宝映像事業部
制作国 日本(2018)
公式サイト http://godzilla-anime.com/

(C)2018 TOHO CO., LTD.

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフ・ジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-11-10

これでもかこれでもか、と痛めつけられる主人公、それでもゴジラと戦い、人の尊厳を問う。このドラマを、どう完結させるかが、とても楽しみだったんだけど…。最終話より先に、結末のわかる番外編を、うっかり読んでしまったような、複雑な気分になった。さらに今回は怪獣対怪獣がメインで、人間は人間同士で争う。このためバトルシーンの臨場感が薄いのが残念。三部作のラストとしては、筋は通ってると思う。


レビューを投稿する

「GODZILLA 星を喰う者」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-13 11:00:03

広告を非表示にするには