彼が愛したケーキ職人 作品情報

かれがあいしたけーきしょくにん

悲しみが、甘い涙に変わるまで

彼が愛したケーキ職人のイメージ画像1
彼が愛したケーキ職人のイメージ画像2

ベルリンのカフェで働くケーキ職人のトーマス。イスラエルから出張でやって来るなじみ客のオーレンといつしか恋人関係に発展していく。オーレンには妻子がいるが、仕事でベルリンに滞在する限られた時間、ふたりは愛し合う。ある日「また一カ月後に」と言ってエルサレムの家へ帰って行ったオーレンから連絡が途絶えてしまう。実は交通事故で亡くなっていたのだった…。エルサレムで夫の死亡手続きをした妻のアナト。休業していたカフェを再開させ、女手ひとつで息子を育てる多忙ななか、客としてトーマスがやってくる。職探しをしているという彼をアナトは戸惑いながらも雇うことに。次第にふたりの距離は近づいていき…。

「彼が愛したケーキ職人」の解説

哀愁漂うエルサレムを舞台に、国籍や文化、宗教や性差を超えてめぐり逢う男女の人間賛歌。悲しみに暮れる男女を繊細に描いたエモーショナルなドラマは、ケーキ作りを通して宗教的慣習の違いをあぶり出し、食べること、生きること、そして愛することを浮き彫りにしていく。静かな感動を呼ぶ美しいラストは、国籍や文化、宗教やセクシュアリティといった違いを超越し、単純なラブストーリーの枠に収まらない壮大な人間讃歌とし て、見るものの心を揺さぶる。監督はイスラエルの新鋭オフィル・ラウル・グレイツァ。本作は70以上の国際映画祭で上映され、数多くの映画賞を受賞した。(作品資料より)

彼が愛したケーキ職人のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年12月1日
キャスト 監督・脚本オフィル・ラウル・グレイツァ
出演ティム・カルクオフ サラ・アドラー ロイ・ミラー ゾハル・シュトラウス
配給 エスパース・サロウ
制作国 イスラエル=ドイツ(2017)
年齢制限 PG-12
上映時間 109分
公式サイト http://cakemaker.espace-sarou.com/

(c)All rights reserved to Laila Films Ltd.2017

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「ぷりぷり」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-02-25

予想してた以上の映画でしたヾ(≧∇≦)
流れる音楽がしっとり…
ちょっとフランス映画を彷彿するような…
ラストシーンが、なんとも言えず…
観る人のイマジネーションを全開にさせます(^-^)
とてもココロに染み渡る映画に出逢えました(*^_^*)

最終更新日:2019-11-15 00:11:03

広告を非表示にするには