銃 作品情報

じゅう

銃を手にした青年の危険な妄想

銃のイメージ画像1
銃のイメージ画像2

雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青春を謳歌しているが、その内には魅了された銃への高揚を秘めていた。トオルは、大切に家に保管していた銃を持ち歩いてみる事にした。さらに緊張とスリルが増し、彼を満足させた。やがて銃は彼のなかで圧倒的な存在感を占めていく。そして、突然の刑事の訪問。次第に精神を追い詰められていくトオルは、ある事を決意するが…。

「銃」の解説

芥川賞作家・中村文則のデビュー作で、発表後16年近く経ってもずっと版を重ねているファンの多い同名原作を映画化。偶然手に入れた拳銃の魅力に支配されたごく普通の大学生が、徐々に狂気をはらんでいくさまを、モノクロ映像で描いている。この原作に“暴力”と“狂気”を感じ取り映画化に挑んだのは、『GONIN』や『いつかギラギラする日』のプロデューサーとして知られる奥山和由。そしてそれらの作品で助監督を務めていた武正晴(『百円の恋』)が監督に抜擢された。ナイーヴで大胆不敵で、かつ脆さが同居した大学生を演じる村上虹郎の演技は最大の見どころ。ヒロインを印象的に演じる広瀬アリス、少ない出演シーンながら“場”をさらうリリー・フランキーの存在にも注目を。

銃のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年11月17日
キャスト 監督武正晴
原作中村文則
出演村上虹郎 広瀬アリス リリー・フランキー 日南響子 新垣里沙 岡山天音 後藤淳平 中村有志 日向丈 片山萌美 寺十吾 サヘル・ローズ 山中秀樹
配給 KATSU-do、太秦
制作国 日本(2018)
年齢制限 R-15
上映時間 97分
公式サイト http://thegunmovie.official-movie.com/

(C)吉本興業

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「銃」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-16 00:01:01

広告を非表示にするには