僕の帰る場所 作品情報

ぼくのかえるばしょ

日本とミャンマー、ある家族の愛の物語

僕の帰る場所のイメージ画像1
僕の帰る場所のイメージ画像2

東京の小さなアパートに住む、母のケインと幼い二人の兄弟。彼らは祖国を離れ日本に暮らすミャンマー人の一家だ。入国管理局に捕まった夫のアイセに代わり、ケインは一人家庭を支えている。子どもたちは日本で生まれたため母国語を話せない。ケインは日本語で一生懸命愛情を表現するが、子どもたちのストレスは日に日に増していくばかり。ケインはミャンマーに帰りたいと日々考えている。そんな時、ある通知が家族のもとに届く…。

「僕の帰る場所」の解説

2017年の「第30回東京国際映画祭」で「アジアの未来」部門のグランプリにあたる作品賞と、監督賞にあたる国際交流基金アジアセンター特別賞を受賞した注目作。在日ミャンマー人家族の実話を基に、“移民”というテーマを、在日外国人家族を取り巻く社会を背景に描いている。ロケはミャンマーでも行われ、ミャンマーの民主化の流れも紹介される。監督は、本作が長編映画デビュー作となる藤元明緒。企画から5年、その間にはミャンマー政府の厳しい検閲を通過させなくてはならなかったそうだ。出演している俳優たちは、実際に日本に住む在日のミャンマー人たちだという。彼らの経験に裏打ちされた演技は、映像の中で生々しくリアルな印象を残す。

僕の帰る場所のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年10月6日
キャスト 監督・脚本・編集藤元明緒
出演カウン・ミャッ・トゥ ケイン・ミャッ・トゥ アイセ テッ・ミャッ・ナイン 來河侑希 黒宮ニイナ 津田寛治
配給 E.x.N
制作国 日本=ミャンマー(2017)
上映時間 98分
公式サイト https://passage-of-life.com/

(C)E.x.N K.K.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「僕の帰る場所」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-09 00:12:56

広告を非表示にするには