万引き家族 感想・レビュー 101件

まんびきかぞく

総合評価3.06点、「万引き家族」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「雪風」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2020-07-25

不潔感がして、画面から臭いがしそうです。犯罪に子供を巻き込んで、教える事がこれしかないとは、正当化してるのが気にいらんね。最後は誰も幸せになってないし。なにも残りませんでした。

P.N.「シネマの兄貴」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2020-07-18

世間知らずが上から目線で社会の底辺や貧困層を描くとこうなるのだろう。

貧しいから不潔とは限らないし、万引きしなければ生きていけないとは思えないし、性モラルまで低いのか。

今どきの保安体制なら、劇中のような稚拙な万引きは不可能だし、ハードルの高い車上狙いにまで手を広げることは考えにくい。それはカテ違いの犯罪だと思う。
軽自動車からシャネルのバッグというのも意味不明。
釣り具屋のセンサー回避もありえない。

異文化・異階層などに関心を集めやすいカンヌ向けの映画ではあるけど、日本の実態を知っている日本人には楽しめないのではないだろうか。

安藤さくらが演技を楽しみ過ぎているのはいいとしても、リリーフランキーの活舌の良さ、声の立ち方が邪魔に思えた。

是枝監督の次回作に期待したい。

P.N.「リサ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2020-07-06

面白くなかった。
気持ちが悪いです

P.N.「とくめい」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2020-05-02

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

なぜこの映画が賞を取れたのか不明。
とにかく画面から異臭が漂ってきそうなくらい、終始不潔感満載の映画。
特に安藤サクラとリリーフランキーの数分写る濡れ場は不潔な環境で非常に汚らしく吐き気がした。
樹木希林も死ぬ前にこんな小汚い婆さん役よく引き受けたなぁと気の毒に思います。
とにかく底辺クズの暮らしを描いた、無駄に長いだけで内容の無い汚くて下品というだけの映画でした。

P.N.「みきどん」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2020-04-20

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

期待して観た割には「うーん」という感じ。
そもそも現実味に欠ける。
今の時代、学校に行っていない男の子が、外を出歩いているのに、何年間も周りが変だと気がつかないのは不思議。
彼をパチンコ屋の駐車場で拾った(誘拐)犯罪は、どうなってるの?
女の子の誘拐については、お父さんは無罪なの?
その後、マスコミが大騒ぎして、釣りを一緒にするような生活は、できないのでは?
とにかく、?が多すぎでした。

P.N.「にゃーな」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2020-01-22

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

キャスティングミスではないですか?
小説読んでから映画見ました。信代と亜紀のイメージが全然違っててビックリ。
亜紀の色白の太ももや胸っていう表現が何度か小説に出てきます。しかし松岡茉優は特に色白でもないし、一般的な肌の色ですよね。。そこは色白の女優さん使ってほしかった。また風俗店には珍しく汚れた感じがしない子とも表現されてます。松岡茉優にそういう清純なイメージなんてないし、汚れた感じがしない事もないし、、イメージとかけ離れていました。
また、信代は美しいと何度か治が言っていたので、美しい人なんだと思っていたら、安藤サクラでした。
他の4人はまあイメージ通りでしたが、この2人を使ったのが本当に失敗ですね。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-08-28

是枝裕和監督が新宿の損保ジャパン美術館で開催中のレオ・レオーニ展会場に絵本のスイミーを映画のシーンに挿入した訳を述べたepisodeが好きな絵本コーナーに在った。養護施設の取材中に,ある女の子が時間を延長してまで絵本を一人声を出して夢中で読んでいる姿に感動した。社会貢献と平和のメッセージを込めたイラストレーションと絵本の世界は映画に込めたものとも響き逢う!

P.N.「明日があるさ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2019-08-25

どうしてこんか作品が賞をとるのか考えられない汚ならしさ。日本映画として残る事が辛い。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-08-04

日本映画専門channelでも視聴すると近藤龍人の流麗なカメラワークも或いは音楽を含む是枝組の技術水準の高さも一際眼を惹きます。本レビュー等でも賛否両論の本篇ですが,逮捕後の詰問シーン,マスコミ取材等の中にそう言う否定的側面を既に孕んで居て作品自体で反撃していた

P.N.「ナナーナ」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2019-07-31

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

本当にしょうもない映画。
こんな暗い作品に家族の絆とか優しさを学んだとか、描写が良かったとかレビューあるけど、病んでるよね。役者さんはみんな好きな俳優さんばかりだったんだけど、、それだけで勿体無い使い方。
酷評してる人をボンボンだとか明るいところしか見てないみたいな、こけ落とすレビューもあったけど想像力が乏しい人達だなと思った。私は貧しい家庭で育った経験があるが共感も感動もなかった。実際こんなんじゃない。作り手にこんな感じでしょ?みたいな目線で作られてる感じ。気持ち悪いし気分が悪い。

P.N.「真浦塚真也」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-07-29

なんかちょっと、凄いの観ちゃったという感じ。ちょっと凄すぎて
、鑑賞後気分が悪くなりました。
俳優さんのリアル感・ザラつき感も素晴らしい。

P.N.「樹里」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-07-27

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

是枝さんの前作もそうでしたが
「パリ・テキサス」のオマージュを取り入れ
マジックミラーの覗き部屋風俗店

鏡の反射を使い
明るい所から暗部は見えず
暗い所からしか
社会の暗部は見えないのだと暗示している。
この辺り確信的に賞を取りに来ているね。


取調べシーン
「捨てたんじゃない 誰かが捨てたのを拾ったんだ」
「産めば本当の親になれるのか?」
明るい場所に立つ警察官には真理は見えない。
そんな理不尽に悔しくて涙する。

面白くないと批判する人は
自身が明るい場所からしか物事を見れないのだろう。
社会の暗部(貧困問題・幼児虐待)を見る時
自身も暗い場所から見ないと
真理は見えないと教えている映画

そして本当の問題点は
明るい場所から意見するヤツが
社会の明暗を分ける障害になっているのだよ。
だから安藤サクラは悔しく悔しくて泣くのだ。

最後の幼女が待つシーン

早足の足音が微かに近づいてくる。
(1人じゃないように感じる)
そして幼女の表情が微かに動く
もう涙が止まらなかった。

P.N.「まゆ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2019-07-23

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

非常に良かったです。家族とは何か?深く考えさせられる作品でした。俳優陣の演技がみんな素晴らしかったです。樹木希林さんは言わずもがな、安藤サクラさんが最後に涙を両手のひらで何度も何度も拭うシーン、リリー・フランキーさんがバス停で少年の肩を叩く(つかむ?)シーン、少女が最後に団地(アパート?)のベランダから外を見るシーンが、個人的にはとても印象に残りました。虐待する親元に戻されてしまった少女は殺されてしまうのか?ハラハラしましたが、踏み台に乗って外を眺める少女の背丈はいずれ伸びる…逃げ出せるんじゃないか?と予感させるような終わり方でした。ベランダの柵の高さが絶妙なのと、直前のシーンで、擬似家族を通して外の世界を知った少女に変化が起きたことを描いているので、スムーズに観客を誘導しています。個人的には、リリー・フランキーさんに脱帽です。大変不思議な魅力のある方ですね。はまり役だと思います。

P.N.「イカ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2019-07-22

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

万引き家族は、大人の二面性と子供の純粋さをテーマにしていると感じた。

映画の中で子供に対して、大人の優しさが多く見られた。表向きはお祖母ちゃんは子供たちに優しくし、好かれている。両親は口は悪いが、苦しんでいる子供達に無償の愛を与えている。
対照的に大人達の裏の面も描かれている。お祖母ちゃんは息子夫婦?からお金をせびている。両親は万引きの常習犯であり、物語終盤には自分が捕まるのを恐れ子供置いて逃げた。

大人の二面性に対して子供たちは大人の表面しかみない純粋さがある。家族はみんな善人であると思い生活をしている。そして、終盤に裏の面に触れる。

誰にでも人に優しくしたいという表面はある。ただ、大人は最後は自分が可愛い。一方、主人公の少年は自分を犠牲にして、妹を助けた。自分の身を最優先に考えてしまう私達には胸が締め付けられる話である。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-07-22

📖安藤サクラの母はエッセイストで確か絵本の読み聞かせも子どもにしていた見たいだ…。本篇に出て来た絵本〈スイミー〉の作者レオ・レオーニには〈はまべにはいしがいっぱい〉と言う色んな表情の石ころが登場するモノクロの作品が在る。みんなちがってみんなよい,minorityへの暖かい視点は彼の絵本の特徴だ。其処が是枝裕和監督の本篇に通じ逢うオリジナリティなのかなと思う📙

P.N.「わし」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2019-07-21

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

酷評してる人はきっとなんにも困ったことがないボンボンなんだろうね(笑)

面白かった、描写もちゃんとかけていたと思います。ただリアリティはあるけれど、どこか物語としてしか見れない気持ちもありました。
共働きで働いているのになぜ万引きしなきゃいけないの?という意見がありますが朝から晩まで働いても月の手取りは電気代、食材などを買うことで消えていくでしょうよ、なんにも見てなかったのかなと疑いますね(笑)
だから貧困から抜けだせないし、あのような生活になるのが分からないのかな?

P.N.「notfound」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2019-07-21

映画の作りは是枝作品らしいなと思いました。
共感とか感動させるための映画ではない。
ただ世界の底辺にいる人間たちを知ってもらう映画だなと感じた。
だからこうしてのうのうと生きて映画レビューを投稿する私には到底共感できない。感じたのは俳優陣と製作者の日常の描き方の巧さ。
それ以上でも、それ以下でもない。

貧しさの中に豊かさはない。あるのは偽善、そしてどん底から這い上がれないものに幸福は訪れないんだ、あるのは最低な絶望感なんだ、それを私はもっと酷く描いて欲しかった。
でないとこの映画と似たようなことを行なってる人に対して響かない届かない。そして予備軍に対しての警告にもなっていない。
そんな社会的大義を果たした映画として期待してしまったがガッカリだった。
何故なら一瞬でも幸せだった、幸せそうだったと思わせてしまう夢を見せてしまったから。そんなの見せたら悪いことも悪いことのように見えなくなってしまう。他のレビューを見る限りそんな危機感を感じる映画だった。

P.N.「りんご」さんからの投稿

評価
なし
投稿日
2019-07-21

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

全然面白くなかったですね。下品な言葉遣い、汚い生活態度、犯罪の数々、死んだ人を庭に埋めるなんてあり得ないです。日本を貶めるために作られたような作品に違和感を覚えました。世界最高峰の作品ではありませんでした。見なければ良かったです。悲しい気持ちになりました。

P.N.「ため息しか出ない」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2019-07-21

海外で凄い賞をとった作品なので凄く期待しながら観ました

が内容はお世辞にもおもしろいと言えずに個人的には時間の無駄でした

役者陣の演技力で★1つおまけして★2にしました

これから観る人はホントの駄作だと思って期待しないで観た方がいいです

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-07-21

🦈本篇にはイラストレーターのレオ・レオーニの著名な絵本〈スイミー〉が登場した。小さな魚は集合する事で大きな魚のマグロを打ち負かす事が出来ると言う寓話を題材にした作品だ。〈家族の絆〉と呼べるのかも知れないが,本当の家族以上に強固な繋がりが描かれた。映画自体が一本撮られると解消されるスタッフ・キャスト何だけどクルーの団結力は堅い,フェリーニ作品見たく🐠

最終更新日:2020-08-06 00:30:05

広告を非表示にするには