万引き家族 作品情報

まんびきかぞく

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品

万引き家族のイメージ画像1
万引き家族のイメージ画像2

下町の古い平屋に初江、治と信代の夫婦、その息子の祥太、信代の妹の亜紀が住んでいる。治は日雇い、信代はクリーニング店で働くも、生活は初江の年金が頼りで、足りない分は万引きで賄っていた。ある日、家の外に出されていた女の子を、治が見かね連れ帰る。その体には虐待の跡があり、信代は娘として育てる事を決意。貧しいながらも、仲良く暮らしているように見えた家族。しかし、ある事件をきっかけに、この家族の秘密が…。

「万引き家族」の解説

『そして父になる』『海街diary』『三度目の殺人』と、常に“家族とは何か”を描き、日本国内だけでなく海外でも高い評価を得ている是枝裕和監督。本作で、ついにカンヌ国際映画祭で最高賞となるパルムドールを受賞。日本人としては21年ぶり、5回目という快挙。その是枝監督が本作で描くのは、“犯罪”で結びついた家族。貧しい中も、口は悪いが楽しげでもあるこの家族だが、実はそれぞれ同居している相手も知らない秘密を抱えていた。世の中にはさまざまな家族があり、すべてがうまくいっている訳ではない。では、血のつながりが大事なのか、信頼関係が大事なのか。社会の底辺に近いところに住む隣人たちも、私たちが見ないふりをしているだけで、同じ社会の中で生きている。そこにスポットを当てながらも、家族とは何か?の問いは私たちにも発せられている。

万引き家族のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年6月8日
キャスト 監督・脚本・編集是枝裕和
出演リリー・フランキー 安藤サクラ 松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ 緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 柄本明 高良健吾 池脇千鶴 樹木希林
配給 ギャガ
制作国 日本(2018)
年齢制限 PG-12
上映時間 120分

(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.1点★★★☆、107件の投稿があります。

P.N.「まぼ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-01-14

多分、貧富差と年齢、育った環境で評価の変わる映画だと思います。
現代というより少し前の日本が舞台かな。
真夏に親が子よりパチンコを優先し車乗放置で幼い命が何度も失われましたが、それも当時のニュースを知らなければただ誘拐ですよね。
お金がなく死体遺棄も、殺した家族を埋めたのも実際に日本であった事で、貧困だけでなくそういう問題を詰め込んだ映画です。

汚いから嫌悪感があるも犯罪だから最低という感想も、ある意味で今の日本を表しているように思います。

私はあの汚さが凄くリアルだと感じました。
家の汚さもあの間取りで6人暮しは物が溢れあんな感じかと。
風呂は毎回水張るのは勿体ないから3日同じでシャワーも勿体ないから風呂の水で体を流し、洗濯もその風呂の水でまとめて洗うし何日も着る。3日目には少し臭う腰以下になった風呂の中で体を洗うと貧乏だった子供の頃の話ですが...。
貧困度合いにもよりますが、お金が無いと汚くなり身だしなみも普段は気にせず、だらしなくなって色々汚くなりがち。

最終更新日:2021-01-18 16:00:05

広告を非表示にするには