羊と鋼の森 作品情報

ひつじとはがねのもり

耳を澄ませば森の中で音の景色がひろがる

羊と鋼の森のイメージ画像1
羊と鋼の森のイメージ画像2

17歳の外村直樹は、北海道で林業を営む家に生まれ、この先も森と共に生きてゆくのだろうと漠然と考えていた。ところが、高校の講堂でピアノ調律師・板鳥が鳴らす音を耳にし、自分が心から望む道を新たに見出す。東京の調律師学校に進み、卒業後は地元旭川の楽器店に就職する。憧れの板鳥や、面倒見のいい先輩・柳らに導かれながら修行を積んでゆくが、ある日、顧客の佐倉姉妹から調律を断られてしまう。

「羊と鋼の森」の解説

しんとした静寂が広がり、感覚はどこまでも研ぎ澄まされてゆく。静かで美しい映画だ。ピアノの音に魅せられた主人公は悩み苦しみ挫折感を味わうが、「才能とは諦めない心。すごく好きだということ」なのだと励まされ、ひたむきにピアノと向き合い続ける。2016年の第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の同名人気小説を、『orange -オレンジ-』を大ヒットさせた橋本光二郎監督と山崎賢人の主演コンビ再結成で映像化したのが本作。脚本は『ヘルタースケルター』の金子ありさ、音楽は映画作品も多数手がけるシンガーソングライターの世武裕子。さらに、久石譲作・編曲の“The Dream of the Lamb”が、辻井伸行のピアノ演奏でエンディングを飾っている。

羊と鋼の森のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年6月8日
キャスト 監督橋本光二郎
原作宮下奈都
出演山崎賢人 三浦友和 鈴木亮平 上白石萌音 上白石萌歌 堀内敬子 仲里依紗 城田優 森永悠希 佐野勇斗 光石研 吉行和子
配給 東宝
制作国 日本(2018)
上映時間 133分
公式サイト http://hitsuji-hagane-movie.com/

(C)2018「羊と鋼の森」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、10件の投稿があります。

P.N.「猫のクロ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-12

主演が山崎賢人という事であまり期待していなかったが、予想よりはるかに良かった。山崎賢人は役によって当たり外れの差が大きいが、この作品においては間違いなく当たり。三浦友和の存在感はさすがだし、他の役者も良かった。美しい音が楽しめる作品で、いっそ上映中ずっと目を閉じて耳だけで観賞してもいいくらいだ


レビューを投稿する

「羊と鋼の森」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-20 00:01:03

広告を非表示にするには