小さな花の物語 作品情報

ちいさなはなのものがたり

川頭義郎が監督した社会ドラマ

美しい風光に包まれた小豆島--。港町の小料理屋“夜明け”に女中として働いている里村八重は、或る家の物置小屋をかりた佗しい暮らしだったが、七つになる一子を生き甲斐に苦しい生活にもじっと耐えて生きていた。八重の夫は船乗りだったが南方で戦死し、その後に一子が生れたのだ。八重の念願は夫の籍に入ってない私生児の一子を一日も早く肩身の狭くないようにしてやることだった。この八重の望みは、店のなじみで手広く海産物問屋を営む“八汐路”の隠居津村弥助との再婚で果たされそうになった。

「小さな花の物語」の解説

平凡連載の壷井栄の原作を、「はだかっ子」の成澤昌茂が脚色。「ママおうちが燃えてるの」の川頭義郎が監督した社会ドラマ。撮影もコンビの荒野諒一。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督川頭義郎
出演瑳峨三智子 兼松恵 桑野みゆき 清川虹子
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「小さな花の物語」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-15 00:01:15

広告を非表示にするには