ある女子高校医の記録 初体験 作品情報

あるしょしこうせいいのきろくはつたいけん

帯盛迪彦が監督したシリーズ第二作目

白樺女子学園の生徒が売春容疑で連行された。この知らせに驚いた熊谷校長は、校医の小柳に調査を命じた。連行されたのは大宮麻子、小林マキ、浅野みどり、高木真弓の四人である。彼女たちはいずれも、太ももにいれずみをしていた。小柳は何も言わない彼女たちの行動を知るため、追跡調査を行なった。担当教師たちの話では、四人とも授業中に居眠りをし、生理不順など、乱脈な夜の生活を送っているらしかった。小柳は間もなく、そんな彼女たちの生活をつきとめた。

「ある女子高校医の記録 初体験」の解説

前作「ある女子高校医の記録 妊娠」の高橋二三がシナリオを執筆し、これが第一作の帯盛迪彦が監督した、シリーズ第二作目。撮影も同じ渡辺公夫。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督帯盛迪彦
出演南美川洋子 八代順子 渥美マリ 福原真理子
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ある女子高校医の記録 初体験」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-12 00:01:16

広告を非表示にするには