ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~ 作品情報

らすとれしぴきりんのしたのきおく

天才料理人は、最後の一皿に何を託したのか

ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~のイメージ画像1

料理人・佐々木充は、依頼主が人生の最後に食べたいと言う思い出の味を再現する“最期の料理請負人”として高額な報酬を稼いでいる。天才とも言われる佐々木は麒麟の舌とも言われる絶対味覚を持ちながら、料理への情熱を失いかけていた。そんな時、佐々木に仕事の依頼が入る。1930年代の満州で、天皇の料理番が考案した幻のフルコースのレシピを再現するというものだった。佐々木は戦争で失われたレシピの謎を追う。

「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の解説

天才的な味覚を持つ男が、料理によって過去を辿っていくミステリー。原作は、伝説のTV番組「料理の鉄人」を手掛けた作家・田中経一。主演は『母と暮せば』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した二宮和也。共演は、西島秀俊、綾野剛、宮崎あおい、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、竹野内豊ら超豪華俳優陣。絢爛豪華なメニューの映像化には、料理界の重鎮・服部幸應が全面協力している。監督は『おくりびと』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年11月3日
キャスト 監督滝田洋二郎
原作田中経一
出演二宮和也 西島秀俊 綾野剛 宮崎あおい 西畑大吾 竹野内豊
配給 東宝
制作国 日本(2017)
上映時間 125分
公式サイト http://www.last-recipe.jp/

(C)2017 映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」製作委員会 (C)2014 田中経一/幻冬舎

ユーザーレビュー

総合評価:4.25点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「ビックリするほど感動した」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-11-16

レビューが微妙だし観るつもりはなかったけど、たまたま時間の都合で観ることになり、気づいたらボロボロ泣いている自分にビックリしました。物語の展開も、人物像も関係も、役者さんの表現も、惹きつけれれてあっという間でした。なんで評価がイマイチなんだろう。オススメします。


レビューを投稿する

「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-11-18 00:01:01

広告を非表示にするには