フジコ・ヘミングの時間 作品情報

ふじこへみんぐのじかん

人生とは時間をかけて私を愛する旅

フジコ・ヘミングの時間のイメージ画像1
フジコ・ヘミングの時間のイメージ画像2

10代で将来を嘱望された天才ピアニストは、国籍を、さらに聴力を失い、約束されていた輝かしい未来と決別する。が、教師をしながらピアノを弾くことは辞めなかった。日本人の母とスウェーデン人の父のもとにベルリンで生まれ、戦中戦後の日本で「ガイジン」と差別されながら育ち、波乱に満ちた半生を経て、テレビのドキュメンタリー番組を機にブレイクした時、既に60代。以後、フジコ・ヘミングは世界を魅了し続けている。

「フジコ・ヘミングの時間」の解説

奇跡のピアニストの異名をとるフジコ・ヘミング。80代の今も、腕の痛みを抱えつつ日に4時間の練習は欠かさない。パリのアパルトマン、京都の古民家、さらにロサンゼルス、東京の自宅で、愛する猫や犬と暮らしながら、精力的にコンサートツアーのために世界各地に出かけてゆく。「ラ・カンパネラ」をはじめとする圧巻の演奏シーンに加え、留学時代を過ごしたベルリンへの旅に同行し、また、小女時代の絵日記と共に家族の思い出を振り返る。本人のインタビューを含む貴重な映像で孤高のピアニストの2年間を映像に納めたのは、東京スカパラダイスオーケストラやケイティ・ペリーらミュージシャンの映像作品を多数手がけてきた小松荘一朗。

フジコ・ヘミングの時間のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年6月16日
キャスト 監督小松荘一良
出演フジコ・ヘミング 大月ウルフ
ナレーション三浦透子
配給 日活
制作国 日本(2018)
上映時間 110分
公式サイト http://fuzjko-movie.com/

(C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「花*花」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-08-19

フジコさんが大好きで、映画を見に行きましたが、何はともあれ映像の素晴らしさに見とれ、あっという間の時間でした、フジコさんの可愛らしさには参りました、好き、嫌い、がはっきり言える、ご本人もおっしゃってましたが、いつまでも少女のままで、可愛らしい絵日記にも何だかポロポロ涙が止まらなかったです、絵日記を読まれるナレータ-の声質も絵日記にピッタリの声でした、猫ちゃん、犬ちゃんに接する愛情には頭が下がりっぱなしで、また物を大事にする気持ちも手に取るようにわかりました、素晴らしいの一言です、フジコさんも当たり前のように全て楽譜無しの演奏に頭下がりっぱなしです、ピアノ演奏者は暗譜が基本だと言われてますが、なかなか真似の出来ることではありません、この映画映像の素晴らしさに今まで、10回は映画館に足を運んで見に行ってます、まだまだエンドレスで見たい気持ちでいっぱいです。


レビューを投稿する

「フジコ・ヘミングの時間」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-17 00:01:02

広告を非表示にするには