身体を売ったらサヨウナラ 作品情報

からだをうったらさようなら

ひとりの女性の、波乱万丈な日々

身体を売ったらサヨウナラのイメージ画像1
身体を売ったらサヨウナラのイメージ画像2

29歳の鈴木リョウコは有名大学を卒業後、東大大学院修士課程を経て、大手新聞社に勤めている。そんなエリートの彼女には、大学在学中にAVに出演したという過去があった。有名大学に入る事のできる学力と、コンプレックスなしで十分生きられる美貌を持つリョウコだったが、昼の生活で幸せだけでは満足できず、友人のケイコやユカ、権力と金力を持つ彼氏の光ちゃんとホスト通いに明け暮れる日々を過ごしていた。

「身体を売ったらサヨウナラ」の解説

元大手新聞社の記者で、AV女優だった過去を暴露された実体験を赤裸々に綴った、社会学者・鈴木涼美の同名エッセイを原作に、『下衆の愛』『グレイトフルデッド』の内田英治監督により映画化。ドラマ仕立てにアレンジし、心の拠りどころを求め続ける主人公の波乱万丈な日々が描かれる。現役AV女優、AV監督、スカウトマンたちのインタビュー映像が挿入されているのがおもしろい。主人公リョウコ役を務めるのは、2013年に公開され話題を集めた『恋の渦』(大根仁監督)で奔放な美女を演じていた柴田千紘。本作では大胆な濡れ場に挑むなど、体当たりの演技を存分に披露している。文筆家としても活動中だそうで、これからが期待できる女優だ。

身体を売ったらサヨウナラのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年7月1日
キャスト 監督内田英治
原作鈴木涼美
出演柴田千紘 小西キス 久保田悠来 内田慈 冨手麻妙 原田篤 新納敏正
配給 エクセレントフィルムズ
制作国 日本(2017)
年齢制限 R-15
上映時間 88分

(C)2017 東映ビデオ/エクセレントフィルムズ

手軽に動画で視聴する

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「身体を売ったらサヨウナラ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-29 15:39:22

広告を非表示にするには