三度目の殺人 感想・レビュー 15件

さんどめのさつじん

総合評価4点、「三度目の殺人」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「おやくしょ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-10-15

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

真実を軽んじ勝つことにしか興味のない弁護士が、徐々に事件の深みに嵌って真実を渇望するようになる。げっそりと目が窪み人が変わったように、感情的に真実を求めはじめる。

それでもやはり最後まで真実はおぼろげのまま、犯人とされる人物の死刑が決まり事件が終わっていく。

真実が闇に葬られることこそが犯人の望みであり、それによって少女の未来が守られた。

まるで自我のない犯人を、役所広司が演じる。時に鬼のように恐ろしい形相になり、時に人間臭く涙を流すが、個人的な欲望などは何処かに捨ててきたかのような空っぽの「器」のような人物。

悪人を裁くためなら人殺しも厭わない男が、最後に殺すのは自分自身。悪人を殺した自分もまた悪人…ということだろうか。


無機質に、絶対的に横たわる「司法」に、今まで何も感じていなかったはずの弁護士が初めて感じる違和感・不気味さを、何枚もの絵のように魅せられた。

是枝監督の「表現としての映像」を撮る巧みさに、言葉が出なかった。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-10-14

👁️超close UPな緊張した面会・シーン等、役者揃いの作品…。ドキュメンタリー映画、TV業界出身の監督らしい感性なのか、初めてデジ・カメでchallengeする意気込みが一寸、実験性を孕んだ様な面持ち。映画「海街diary」でデビューした広瀬すずの顔が一際印象に残った…❗️💆👩👤

P.N.「けん」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2017-11-04

内容が薄い。
広瀬すずは必要かね?

P.N.「R」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-10-02

とても内容が深い話しだと思う、中身は殺人の話しなので暗いが考えさせられるストーリーだった。
弁護士役がマシャに合っていつので、今話題の人も。

P.N.「ぴよ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-09-27

役所広司さんの演技凄かった。内容も良かった。ただ、弁護士役、なぜ福山さん?と思ったけど、エンドロール見たら、内容よりも福山さんの為だけに作った映画なんだな、って感想です。物語の内容とは別として出てくるキーワードが福山さんの熱烈なファンの間ではとてもわかりやすい物だし、福山さんの為だけに感が強すぎて内容が良い映画だっただけに残念な感じです。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-09-26

本編は未だ観て無いが日本映画専門チャンネルで法廷劇映画の傑作三本とメイキングのドキュメントを視た。囁く様に俳優を個人指導する演出方法は其のデリケートさの点でフランソワ・トリュフォー監督見たいでも有る…。物静かな緊張感!本編のシナリオや構想の練り上げや最後迄の監督自身の迷い、そしてデジタル・カメラへの初めてのチャレンジ、初の法廷もの…、其れが如何に作品に反映されているかは観てからの愉しみ何だな。

P.N.「みーすけ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-09-24

日本の司法制度への問題提起であり、攻めてる作品と受け取りました。実は一度観ただけでは、咀嚼できず、二度観に行きました。以前読んだドエフストキーあってる?『罪と罰』を思い返し、最後まで掴みきれない三隅の人間性に思いを巡らせ、久々に引き吊り込まれました。

P.N.「r」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-09-21

前情報を入れずに見たかったです。予告も見ないように見ないようにしたけど、これだけ騒がれてると嫌でもなにかしら耳に入ってきますからね。どうしても期待値が高まってしまいます。結果「そんなに大騒ぎするほどの映画かな〜?」みたいな。役所さんの演技はすごかったけど。

P.N.「カレンマミー」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-09-13

『 三度目の殺人』映画を観る前からおおまかなストーリーは想像できました。ほぼその通りの内容でした。犯人の供述に翻弄される!とありますが、いえいえ!ストーリーの中にきちんとした明確な答えがあります。
ただ観る人によっては翻弄されるかも!
脚本は是枝監督のオリジナルなんですが、タッチが東野圭吾さんの小説に似ていますね!音楽がとても良かったです。
なぜ三度目の殺人なのかも納得です。
オススメです。是非映画館へ!

P.N.「サリー」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2017-09-13

事件の真相は 曖昧に 、見る人の 解釈の真相なのかもしれない
法廷映画での スッキリ感が あまり無く
えっ! って感じの 終わり これは 観る側に 投げすぎ 是枝さんらしいのですが、 あの犯人 役所さんつかう?
もう少し 情けない顔の くたびれた主役やれる 役者 居たのでは?
30年 刑務所に 入った感が 出てないかなー
役所さん 大好きですが
福山さんも大好きです
かっこいい男の 演技は 本当に 良かったです

P.N.「猫のクロ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-09-10

作中で被告人に判決は下るのだが、それでなお多くの謎が残っており、正に真実は被告人だけが知っている状態。その真実がはっきりとは解らずじまいで終わってしまったが、それが良かった。観た後でそれぞれに真実は何か考察出来るはずだ

P.N.「ヒカル」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-09-10

内容が白黒はっきりと結論が欲しい方にはオススメでは無いです。余韻を楽しむ映画でした。自分は何を信じるのか何を信じたいのか、真実とはなにかと言う事中心に多々考えさせられる映画だなと思いました。登場人物の中の誰の視点になって物語を見るかによって感想が二転三転と変わってしまう映画だと思いました。
あと、音楽が素敵でした。

P.N.「あやりん」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-09-09

モヤッとしますね。犯人の言ってることが二転三転します。事件の真相はホントは一体なにか。弁護士側だけでなく見ている側もそれに翻弄されます。「何が真実か」「法廷戦術は果たして誰のためか」等々考えさせられますね。見終わった感想は人それぞれだと思います。

P.N.「sanjuro」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-09-09

見ごたえがありました。

真実とは…

重盛の娘が流した涙のシーン…あれがこの映画のすべてを物語っているような気がしています。

家族、社会、法、感情、欲望…色んなモノが複雑に絡み合って成り立っているこの世界、真実を追求すると1つや2つでは済まなくなるのかも…。

P.N.「さき」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-08-01

完成披露試写会、観に行きました!最初から最後まで緊張感があり、目が離せませんでした。観る人によって、描かれていると感じるテーマが変わる気がします。観てすぐには感想をまとめられなかったけれど、じわじわと各シーンを思い出しながら、二重三重楽しんでいます。音楽も綺麗で穏やかな、それでいて大胆でステキでした!

最終更新日:2018-10-16 16:00:03

広告を非表示にするには