昼顔 感想・レビュー 15件

ひるがお

総合評価4.4点、「昼顔」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「ゆの」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-10-18

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

夫がいる私としては現実の不倫は許せないが、昼顔はドラマの時からハマって観ていました。

昼顔を観ていると、不思議と何故かヒロインの恋を応援したくなり、不倫相手の奥さんの方を敵視してしまう。

何となく誰かが最後に亡くなるんだろうなとは思っていたし、やはり単に不倫を肯定するだけの結末にはして欲しくなったので ああいう結末は仕方ないんだろうが、不倫相手の奥さんは殺人罪に問われないんだろうか、という疑問が残り、ちょっと後味は悪かったです。

P.N.「ほたる」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-10-10

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

ドラマを観ていましたが今まで映画を観ていませんでした。
役者さんの演技が素晴らしかったです。
私は不倫して主人と別れて不倫相手と結婚して今に至ります。
色んな人を傷つけてきたので、さわの、私は幸せになろうとは思っていません。ただ一緒にいたいという言葉に共感しましたし、やはり映画のように不倫をした罪は一生背負っていかなくてはいけないと思いました。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-06-07

昼顔を観た。この映画を観て、私は人生とはつくづくそういうものだと思った。これまでの人生を振り返るといつも危険と隣合わせの生き方をしてきた。上戸彩さんはとてもチャーミングで大好きだ。

P.N.「真浦塚真也」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-07-14

一言で言えば「不倫映画」ではあるものの、ただの「不倫ダメですよ映画」や「愛ってステキだよね映画」になっていないところに好感が持てます。

P.N.「ことぴ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-07-13

とっても良かったです。
何よりキャストさんの演技が素晴らしく、惹き込まれる作品。
衝撃のラストで涙が止まりませんでした。

P.N.「かきごおり」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-07-04

ドラマ版につづいて、伊藤歩の演技が怖いです(笑)

とにかく奥さんがホラーにしか見えない(かわいそうではある&やんでしまうのもわかる)

でもこの作品をみて
不倫するとこんなドロドロの恐怖がまっているんだよ…という戒めにはなるかなと思いました。

P.N.「とも」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-07-02

私も前に、不倫をしていたので、見に行きました。やっぱりテレビで見るのと、違って良かったです。皆さんも、是非一度観て下さい。そして感動して下さい。

P.N.「りりー」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-06-30

切なくて切なくて、衝撃的なラストでした。
また観に行きたいです。

P.N.「おけいはん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-06-28

なかなか衝撃な結末でした。又、二人に出演してもらいたい位です。

P.N.「なおカイザー」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-06-27

最後に、驚きました。テレビドラマとは違って、テレビドラマの時の方が、良かったです。

P.N.「30代パパ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-06-20

ワイドショーでは想像つかない、でもとても現実味のあるお話でした。当人達の周りにどんな気持ちがあるかがよくわかります。家族を大切にしたいと感じながら観終わりました。

P.N.「iti」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-06-20

どうしても、見たくて一人で見に行きました。
実は私本人が不倫をした経験があり、もう終わっていますが、今思うとちょっと、もしかしたら何もかも失っていた可能性、に自分に重なり合わせてました。

でもその時は止まらなかったんです。とめたくても、ブレーキ利かず、ただいまは冷静に自分の過ちを消したいと思っています。
浮気をされた女の人の気持ちと浮気をした女の人の気持ちをありのままに表現していたところに共感してました。
この映画は私にとっては心に残るものでした。

P.N.「主婦」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-06-14

不倫してる人は特に見た方がいい映画ですよ
不倫の代償が決してオーバーに描かれてる話ではなく
ひとつの現実です。
のりこ役の女優さん、とても良かったです。

P.N.「コルドンルージュ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-06-11

ドラマでは登場していなかった平山浩行含む地元の人達がいい。不倫ものは主人公達の視点から描かれることが多いが、映画版では不倫をされる者の気持ち、周囲の視線や評判も丁寧に描かれ、主人公達の舞い上がった気持ちをクールダウンさせる。蛍の光、花火、天の川、夏の風物詩がはかなく、何年経っても消えない思いがいつまでも心に残り、ドラマ以上に現実味が増した。

P.N.「C.ルージュ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-06-10

究極の、永遠の愛の形とは何かを考えさせられる作品。二人が再び出会ったことの意味がラストシーンで明らかになる。ただ作品の中でこういう結末を予想させるセリフがいくつかあり、意外性に欠けるという意味で星4つ。蛍とやつれた上戸彩がとても薄幸で、セリフの少ない斎藤工もドラマの時より学者風で役者として新境地を切り開いた。

最終更新日:2020-10-23 16:00:05

広告を非表示にするには