燃えつきた地図 作品情報

もえつきたちず

安部公房の原作を勅使河原宏が監督した作品

男は妻を別居し、最も職業らしくない職業という理由で興信所の調査員になった。間もなく男は、ある女から失踪した夫の行方動向の調査を依頼された。しかし、女は夫を探すのには熱心ではなく男に協力的でなかった。男はまず失踪者が残していった運転手募集広告、喫茶店「つばき」の電話番号を手掛りに調査を始めた。しかし、いずれもはかばかしくなく、何の結果も得られなかった。そんな時、男は女の弟と名乗るやくざ風の男に会った。弟は失踪者の日記を見せるといって姿を消した。やがて失踪者の会社を訪ねた男は、失踪者の部下田代から、失踪者にヌード写真の趣味があったこと、失踪自体が半信半疑だと聞いた。男はそれが小心者の嘘だと思った。

「燃えつきた地図」の解説

「他人の顔」の安部公房が彼自身の原作を脚色し、勅使河原宏が監督した。撮影は「夜の縄張り」の上原明。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督勅使河原宏
出演勝新太郎 市原悦子 大川修 渥美清
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「燃えつきた地図」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-08-20 00:01:31

広告を非表示にするには