パーソナル・ショッパー 作品情報

ぱーそなるしょっぱー

ファッション業界の裏を描く心理ミステリー

パーソナル・ショッパーのイメージ画像1
パーソナル・ショッパーのイメージ画像2

忙しいセレブのために服やアクセサリーの買い物を代行する「パーソナル・ショッパー」としてパリで働くモウリーン。私生活では数カ月前に双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れないでいた。その一方で、仕事で鍵を預かり他人の家に出入りし、時にはプライベートをものぞき見る事に、欲望をふくらませていた。そんなある日、モウリーンの携帯に奇妙なメッセージが届き始める…。

「パーソナル・ショッパー」の解説

「トワイライト」シリーズのヒロインで知られ、現在は「シャネル」の広告にも登場するクリステン・スチュワートが、鬼才・オリヴィエ・アサイヤス監督とタッグを組んだ心理ミステリー。『アクトレス ~女たちの舞台~』に続き、2度目のコラボレーション。多忙なセレブに代わって、服やアクセサリーを買い付けるパーソナル・ショッパー(買物代行人)のヒロインが、顧客の私生活に触れる中で欲望を膨らませていくさまが描かれる。「シャネル」の衣装協力はもとより、シャネルの本店があるパリ・カンボン通りで撮影を敢行したほか、「カルティエ」「クリスチャン・ルブタン」のショップが登場するなど、ファッション業界が垣間見えて興味深い。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年5月12日
キャスト 監督オリヴィエ・アサイヤス
出演クリステン・スチュワート ラース・アイディンガー シグリッド・ブアジズ
配給 東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
制作国 フランス(2016)
上映時間 105分

(C)2016 CG Cinema - VORTEX SUTRA - DETAILFILM - SIRENA FILM - ARTE France CINEMA - ARTE Deutschland / WDR

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-09-16

本編では或る女性のスピリチュアル絵画が,所謂抽象画に先行してドローネ風のアブストラクトな円形の線描・色彩平面を作品化していた事,但し画家自身が作品を封印していた事が告げられる。ジュブナイルな霊媒ものの耽美な作風の本作で興味を牽くのは単に一寸boyishなクリステイン・スチュアートの柔肌丈で無くて、こう言うアートな側面なのだったー。


レビューを投稿する

「パーソナル・ショッパー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-09-21 16:00:07

広告を非表示にするには