悪の愉しさ 作品情報

あくのたのしさ

読売新聞連載の小説を画化

サラリーマン中根は、冷静な計算で狙った相手を操る事に密かな愉しみを持っていた。同僚亀山と競輪へ行き、巧みな口実で八千円を借りたまま返さない。中根の妻有貴子は夫の無能を軽蔑しながら、間借先の未亡人沢本と夫の仲を嫉妬したりする。中根は社の事務員植松康代と一度結ばれた事がある。康代が同僚の池田と結婚すると聞いて、中根はその関係を種に彼女を陥れようと考える。然し康代は逆に手切金として中根に三千円を渡した。執拗に部屋の立退きを迫る沢本末亡人に、中根は巧みに接近して関係を結ぶ。更に病床についた亀山の代りに、貸金の返済を求めて訪れた亀山の妻も、彼のために征服された。

「悪の愉しさ」の解説

読売新聞連載の小説を「かくて夢あり」と同じく猪俣勝人が脚色、千葉泰樹が監督に当り、「母恋人形」の西川庄衛が撮影を「江戸の夕映」の黛敏郎が音楽を担当。主なる出演者は俳優座の新人伊藤久哉、「女の暦」の杉葉子、「噂の女」の久我美子、「緑の仲間」の森雅之、「懐しのメロディー」の日野明子と船山汎、「恋風街道」の東郷晴子のほか、伊豆肇、星美智子等である。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督千葉泰樹
出演伊藤久哉 杉葉子 久我美子 森雅之
制作国 日本(1954)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「悪の愉しさ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-02-01 00:02:02

広告を非表示にするには