天使にショパンの歌声を 作品情報

てんしにしょぱんのうたごえを

音楽の力が未来への扉をひらく

天使にショパンの歌声をのイメージ画像1
天使にショパンの歌声をのイメージ画像2

1960年代のカナダ、ケベック州。修道院が経営する名門女子寄宿学校が採算性の悪化から存続の危機に直面する。音楽教育に情熱を傾ける校長のオーギュスティーヌは、記者を招いた音楽会を開き、素晴らしい演奏で世論を動かし学校閉鎖を免れようと計画する。成功の鍵を握るのは、オーギュスティーヌの姪で天性のピアニストである転入生アリスの演奏だが、心を閉ざした彼女は反抗的な態度で出演を拒否するのだった。

「天使にショパンの歌声を」の解説

近代化が急速に進むカナダ唯一のフランス語圏ケベックで、カトリックの修道女たちは教え子たちと共に大切な居場所を必死に守ろうとする。修道服の下に悲しい過去を秘めながら。ショパンの「別れの曲」やリストの「愛の夢」など少女たちの美しい歌声とピアノ演奏に心洗われる本作は、『翼をください』『天国の青い蝶』のカナダが誇る監督レア・プールが、自らの手で未来を切り開いてゆく女性たちの姿をドラマチックに描いた感動作だ。実際に新進ピアニストとして脚光を浴びるアリス役のライサンダー・メナードが吹替無しの演奏を披露しつつ、女優としても見事な映画デビューを飾っている。第18回ケベック映画賞最多6部門授賞作品。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年1月14日
キャスト 監督レア・プール
出演セリーヌ・ボニアー ライサンダー・メナード ディアーヌ・ラヴァリー ヴァレリー・ブレイズ ピエレット・ロビタイユ マリー・ティフォ マリー=フランス・ランベール
配給 KADOKAWA
制作国 カナダ(2015)
年齢制限 PG-12
上映時間 103分
公式サイト http://tenshi-chopin.jp/

(c)2015-8212-9294-9759 QUEBEC INC. (une filiale de Lyla Films Inc.)

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「Holy」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-01-19

ストーリーは除外して、とにかくのっけからアベベルムコルプスなど音楽がふんだんで、大いに楽しめた。音楽好きにもっと宣伝すべき。


レビューを投稿する

「天使にショパンの歌声を」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-01-22 16:00:54

広告を非表示にするには