いまを生きる 作品情報

いまをいきる

ロビン・ウィリアムズ主演の名作

1959年バーモント。全寮制のウェルトン・アカデミーに、同校のOBという英語教師ジョン・キーティングが赴任してきた。厳格な規則に縛られている学生たちは、彼の風変わりな授業にとまどうが、次第に刺激され新鮮な考えに目覚めてゆく。ある日生徒のニールは、キーティングが学生時代に“死せる詩人の会”というクラブを作っていたことを知る。そしてニールの同室である転校生トッドや、友人のダルトンやノックスらと共に、クラブを復活させるのだが…。

「いまを生きる」の解説

ニューイングランドの全寮制学院を舞台に、赴任してきた英語教師と学生たちの交流を描く心温まる学園ドラマ。監督はオーストラリアの鬼才、ピーター・ウィアー。破天荒な授業を通し、詩の美しさや人生の素晴らしさを説く新任教師をロビン・ウィリアムズが演じている。1989年のアカデミー賞で脚本賞を受賞した。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ピーター・ウィアー
出演ロビン・ウィリアムズ イーサン・ホーク ロバート・ショーン・レナード
制作国 アメリカ(1989)
年齢制限 PG-12
上映時間 128分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-05-31

学園ものの本篇の学生の中には若きイーサン・ホークの他ジム・キャリーっぽい顔も在る見たいだ…。自由な発想の教師ロビン・ウイリアムズの授業は受けたい授業styleで学生を牽き附けたー。押し付けがましい詰め込み教育にうんざりしていた彼らが深夜に寮を脱け出し自ら詩の朗読会を行うシーン,撮影も素晴らしく

最終更新日:2020-09-23 13:25:18

広告を非表示にするには