どじょっこの歌 作品情報

どじょっこのうた

滝沢英輔が監督した社会ドラマ

戦災孤児の芹沢浩子は、教会付属の託児所の保母として働いていたが、空襲でうけた背中の打撲傷が軽いカリエスになって再発、近くの吉見病院に若い院長昌哉のはからいで入院した。昌哉の弟高行は、以前から子供たちと“どじょっこの歌”を歌う浩子の声に魅せられており、二人は急速に親しくなった。退院して間もなく、高行の車で浩子と子供たちは遠足に出かけた夜、二人は将来を固く誓った。高行の両親は、息子が戦災孤児と結婚することには大反対で、高行は浩子との愛をつらぬこうと一人アパート暮らしをはじめた。

「どじょっこの歌」の解説

土山忠滋の原案を「森と湖のまつり」の植草圭之助と後藤望が共同で脚本を執筆。「俺は死なないぜ」の滝沢英輔が監督した社会ドラマ--。撮影は「闘いつづける男」の横山実。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督滝沢英輔
出演浅丘ルリ子 高橋英樹 葉山良二 東恵美子
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「どじょっこの歌」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-07-24 00:02:30

広告を非表示にするには