青銅の基督 作品情報

せいどうのきりすと

長與善郎の原作を映画化

萩原祐佐は、その腕を認められる南蛮鋳物師。ある時、モニカと恋仲になり、結婚を決意するが宗教が壁となり、別れを告げられる。自暴自棄となった祐佐は、偶然目にした芸妓の君香の大人の魅力に引き込まれていく。そこに突然、奉行所のミゲルから、とある鋳物の注文が突然舞い込んだ。「キリストの鋳物を作ってほしい」しかしその鋳物は鑑賞のためではなく、切支丹(キリシタン)撲滅に利用するための「踏み絵」であった。

「青銅の基督」の解説

長與善郎の同名作を60年ぶりに映画化。主演の祐佐を柄本時生、ヒロインを吉村涼が演じる。若手実力派によるフレッシュな作品となる。監督は、文豪映画を中心に監督を続ける秋原北胤。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年4月10日
キャスト 監督秋原北胤
出演柄本時生 マギー司郎 松田洋治 大谷みつほ 広山詞葉 江崎葉奈
制作国 日本(2016)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「青銅の基督」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-07-24 16:18:17

広告を非表示にするには