大奥浮世風呂 作品情報

おおおくうきよぶろ

野望を胸に大奥へ潜入した男女を描く

遊び人・全次郎は、今日も色好みの旗本の女房をよがらせて小遣い稼ぎ。ところが途中で亭主が帰ってきてびっくり仰天。逃げこんだのが将軍お部屋様菩提所の寿命院。全次郎は法丹という僧を味方にし、頭を丸め、旗本の目をかすめ逃亡。仲間の所に逃げかえった全次郎を見て、おこよは全次郎を見限る。そこで、全次郎は法丹の所にもどり、住職・法行を殺し、名も柳全とあらためる。そして法丹と柳全は連日連夜のドンチャン騒ぎ。柳全を見限ったおこよは、大奥へあがり、粂村の部屋子となっていた。粂村の敵・初瀬が懐妊。おこよの知恵で柳全が大奥へ潜入。初瀬は柳全によって流産。初瀬は気が狂い、それを見た将軍は不能になってしまう。そして、おこよの提案で将軍の刺激療法。浮世風呂が大奥に作られた。

「大奥浮世風呂」の解説

シラけきった庶民生活にあき、野望を胸に大奥へ潜入したチンピラ男女を描く。脚本は「暴走パニック 大激突」の田中陽造、監督は「好色元禄(秘)物語」の関本郁夫、撮影は「バカ政ホラ政トッパ政」の塚越堅二のそれぞれが担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督関本郁夫
出演松田暎子 ひろみ麻耶 渡辺とく子 風戸佑介
制作国 日本(1977)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「大奥浮世風呂」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-04-07 23:33:39

広告を非表示にするには