疑惑のチャンピオン 作品情報

ぎわくのちゃんぴおん

ドーピングにまみれた自転車レースの英雄

疑惑のチャンピオンのイメージ画像1
疑惑のチャンピオンのイメージ画像2

1993年、ツール・ド・フランスにデビューしたアメリカ人青年ランス・アームストロング。ある日、ガンに冒されている事を知る。大手術とリハビリで奇跡的な回復を遂げたランスは、競技大会に返り咲くために、ドーピングに詳しい医師の指導を仰ぐようになる。こうして再出発したランスは、1999年の大会で優勝。ガンを克服という復活劇に、メディアや大衆は熱狂した。大会連覇の記録を更新するが、その裏でドーピングを続けていた…。

「疑惑のチャンピオン」の解説

夏の間フランスで行われる自転車レース「ツール・ド・フランス」は、欧州ではワールドカップに匹敵する人気競技だ。本作の主人公ランス・アームストロングは、1999年から2005年まで7連覇という偉業を達成したスーパースターだったが、のちにドーピングしていた事が発覚し、全タイトルを剥奪される。一つ一つのシーンをあまりのばす事なく、まるで再現ドラマのようにシーンが切り替わっていき、彼の20年余りが語られていく。共感を拒否するかのような主人公のベン・フォスターの演技は、内面がわかりにくいこのヒーローの感じを上手く出している。大事件にも関わらず、未だにこの事件がすっきりしないのはそのためだろう。監督は『クイーン』などのベテラン、スティーヴン・フリアーズ。

疑惑のチャンピオンのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年7月2日
キャスト 監督スティーヴン・フリアーズ
原案デイヴィッド・ウォルシュ
脚本ジョン・ホッジ
出演ベン・フォスター クリス・オダウド ギヨーム・カネ ダスティン・ホフマン
配給 ロングライド
制作国 イギリス(2015)
上映時間 103分

PHOTO BY LARRY HORRICKS (C)2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3.5点★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2016-08-25

よくできた作品であると思う。オリンピックでは条件付きで参加が認められたロシア選手。だがパラリンピックでは全員アウトらしい。それも組織(国家)ぐるみのドーピング問題が…。そのあたりのことが頭の中をよぎって大変面白く拝見した。ただ、ベン・フォスターの主役が7連覇した男にしてはいささか安っぽい印象を受けた。

最終更新日:2020-10-21 17:56:37

広告を非表示にするには