嫌な女 作品情報

いやなおんな

太陽と月、ふたりは天敵!? それとも…

嫌な女のイメージ画像1
嫌な女のイメージ画像2

真面目で堅物の徹子は一流大学を経て司法試験に一発合格し、弁護士に。理想的な伴侶とも出会い、公私ともに成功した人生を送っているかに見えたが、誰にも心を開けない性格が災いしてか、離婚する羽目に。仕事でも依頼人に対する温かみに欠けると上司から指摘されてしまう。そんな折り、婚約破棄で慰謝料を請求されて困っているという女性が弁護を依頼しにやって来る。それは昔から大の苦手だった従姉妹の夏子だった。

「嫌な女」の解説

お揃いであつらえてもらったひまわりのワンピースにまつわる夏の日の思い出。それは、どんな時でも我を通し、ドラマチックな展開を自ら演出する夏子と、それを呆然と見つめて存在感を消されてしまう徹子の立ち位置を鮮やかに描き出す。桂望実の同名原作小説に惚れ込み、映画化を切望した女優・黒木瞳が自らメガホンをとった本作。対照的な2人の女性を主人公に、監督デビューを飾った黒木の並々ならぬ熱意が伝わる女性映画に仕上がった。これが映画初主演となる吉田羊が地味な徹子に扮し、彼女を翻弄するはた迷惑な夏子を木村佳乃が熱演。見事な歌声も披露する。徹子を優しく支える弁護士事務所の事務員・みゆき役の永島暎子も好演。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年6月25日
キャスト 監督黒木瞳
原作桂望実
出演吉田羊 木村佳乃 中村蒼 古川雄大 佐々木希 袴田吉彦 田中麗奈 織本順吉 寺田農 ラサール石井 永島暎子
配給 松竹
制作国 日本(2016)
上映時間 105分

(c)2016「嫌な女」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:2.5点★★☆☆☆、2件の投稿があります。

P.N.「も~やん」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2016-07-22

ちょっと期待しすぎたか、吉田羊のキャラとは違う役柄で残念、吉田羊の先輩女弁護士の方が光っていた。黒木瞳が出演した方がよかったかも。

最終更新日:2019-12-04 14:52:36

広告を非表示にするには