われらの時代 作品情報

われらのじだい

大江健三郎の書き下し長篇

はたして、青年たちに希望はあるか。大学生・靖男は洋パンの頼子と暮している。弟の滋から、クラブで歌う明子という女のフランス語の個人教授を頼まれた。弟はそのクラブで“アンラッキー・ヤング・メン”として出演していた。日本で最年少のジャズパンド。仲間は真二と朝鮮人の高だ。彼らの共通の夢はトラックを買い、日本中を演奏しながら長い長い英雄的な旅を続けることだった。--靖男にも希望があった。パリ留学の懸賞論文に入賞したら<この陰うつな日本から、あの頼子のセクスから解放される>。翌日会った歌手志望の明子の話--滋が高と同性愛らしいという--が靖男を驚かした。靖男はホテルで明子と関係を持った……。

「われらの時代」の解説

大江健三郎の書き下し長篇から、「銀座のお姐ちゃん」の白坂依志夫が脚本を書き、「地獄の曲り角」の蔵原唯繕が監督した。撮影は「密会」の山崎善弘。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督蔵原惟繕
出演小泉静夫 長門裕之 山本勝 小高雄二
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「われらの時代」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-03-03 23:33:53

広告を非表示にするには