警視庁物語 行方不明 作品情報

けいしちょうものがたりゆくえふめい

小西通雄が監督した警視庁シリーズ

大和皮革の技師、松井、小山の二人が、一夜突然行方不明になった。二人はその夜残業をしており、現場から血液反応が認められた。ただちに警視庁捜査一課が出動した。松井は専門学校卒で最近妻と別れ、淋しさをアルサロの女給すみ子と遊んでまぎらしていた。一方小山は大学卒で会社からイタリアに留学させてもらうことになっていた。そんなことから日ごろ小山は松井のねたみを受けていた。さらに、その夜駅で松井らしい姿を見たという目撃者が現れ、捜査本部は、松井を本星とにらんで捜査を開始した。しかし小山の死体は依然として現れなかった。

「警視庁物語 行方不明」の解説

「警視庁物語 自供」の長谷川公之がシナリオを執筆「警視庁物語 自供」の小西通雄が監督した警視庁シリーズ。撮影もコンビの山沢義一。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小西通雄
出演松本克平 神田隆 堀雄二 花澤徳衛
制作国 日本(1964)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「警視庁物語 行方不明」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-07-07 00:02:08

広告を非表示にするには