AUTOMATA オートマタ 作品情報

おーとまた

人工知能が発達する未来を予見するサスペンス

AUTOMATA オートマタのイメージ画像1
AUTOMATA オートマタのイメージ画像2

太陽風が原因で砂漠化が進み、人類存亡の危機迫りつつある2044年。労働力としてオートマタと呼ばれる人工知能搭載ロボットが人々の生活に浸透していた。さらに生命体に危害を加えない、自身で修理・改造しない、というルールが製造時に組み込まれていて、人間との共存が完璧に確立されていた。しかし、オートマタを管理するジャックは、絶対に変更不可能とされていたそのルールが破られた事を知ってしまう…。

「AUTOMATA オートマタ」の解説

アントニオ・バンデラス主演、人工知能と人類の未来や共存をテーマに描いた近未来SFサスペンス。ゴヤ賞やサン・セバスチャン国際映画祭などに出品されている。「生命体に危害を加えてはいけない」「自身で修理・修繕をしてはけない」というルールが組み込まれた人工知能搭載ロボット「オートマタ」が使われている近未来を舞台に、ロボットたちの異変に気付いた男の姿を追う。監督は「シャッター ラビリンス」で注目を集めた新鋭ガイ・イバニェス。迫力あるアクションシーンが見ものだが、退廃し砂漠化した地球、降り注ぐ太陽風などの近未来描写が面白い。ディラン・マクダーモット、メラニー・グリフィスといったスター俳優の競演も見逃せない。

AUTOMATA オートマタのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年3月5日
キャスト 監督・脚本ガベ・イバニェス
出演アントニオ・バンデラス ビアギッテ・ヨート・スレンセン ディラン・マクダーモット メラニー・グリフィス ロバート・フォスター
配給 松竹
制作国 スペイン=ブルガリア(2013)
上映時間 109分

(C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS, INC.

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフ・J」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2016-03-07

「やりつくされた」感のある題材で、目新しさはないが、独特の雰囲気が妙に印象に残る。終盤のバタバタ感が(落とし所に困った?)なければなあ、と思った。


レビューを投稿する

「AUTOMATA オートマタ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-02-21 10:19:19

広告を非表示にするには