妖艶毒婦伝 お勝兇状旅 作品情報

ようえんどくふでんおかちきょうじょうたび

中川信夫が監督したシリーズ第三作

上州沼田藩の大納戸役・真壁主計の娘お勝は、美しい上に、甲源一刀流秘伝の回転横一閃斬りの使い手だった。そして、許婚の三上新一郎との結婚を目前に控えていた。その頃、同藩江戸詰家老田代重太夫は、御用商人・島田屋と結託、御禁制の煙草、絹織物を江戸表に横流ししていた。それを知った主計は、不正を暴いたことから、捕えられ、妻のさわを自らの手で刺し、「仏壇の過去帳に……」とお勝に遺言して自害した。田代はお勝の体をもて遊びながら罪状書のありかを聞くが、お勝は口を割らなかった。そこで、田代は、新三郎の前科をネタに味方に引き入れた。そして新三郎は故意にお勝を逃がした。何も知らないお勝は、国許へ急ぐ田代を追って旅に出た。途中、新三郎の紹介で寄った板橋宿の矢場の女将・お京は、新三郎の女だった。

「妖艶毒婦伝 お勝兇状旅」の解説

高橋猛の原案を、「賞金稼ぎ」の高田宏治と、「不良番長 送り狼」の山本英明が脚本を共同執筆し、「妖艶毒婦伝 人斬りお勝」の中川信夫が監督したシリーズ第三作。撮影は「現代やくざ 与太者仁義」の山沢義一が担当した。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中川信夫
出演宮園純子 河野秋武 南風夕子 大信田礼子 伊藤久哉 安部徹
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「妖艶毒婦伝 お勝兇状旅」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:22:27

広告を非表示にするには