ポルノ時代劇 忘八武士道 作品情報

ぽるのじだいげきぼうはちぶしどう

暗黒の過去を引きずり今日を流れる男を描く

“人斬り死能”と恐れられている非情の男、明日死能は、役人に追われていたが、吉原遊廓の忘八者、白首の袈裟蔵とその一党に助けられた。“忘八者”とは、八つの徳、「孝、悌、忠、信、礼、義、廉、恥」を全て忘れた無法者、人にして人に非ず、人たる姿を忘れた鬼畜外道の集りで、江戸吉原一帯をとりしきる無頼の徒をさして忘八者と称した。明日は白首から仲間入りをすすめられ、そのための“忘八試し”を受けるが、さすがの明日も、外道に徹することはできなかった。しかし、吉原総名主・大門四郎兵衛に気に入れられ、客分にとり立てられた。

「ポルノ時代劇 忘八武士道」の解説

暗黒の過去を引きずって今日を流れる非情の男の生々流転のありさまを、剣の無情、愛欲非道をからませて描く。原作は小池一雄・作、小島剛夕・画の劇画『忘八武士道』。脚本は「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」の佐治乾、監督は「緋ぢりめん博徒」の石井輝男、撮影は「恐怖女子高校 女暴力教室」の鈴木重平がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督石井輝男
出演丹波哲郎 伊吹吾郎 遠藤辰雄 久野四郎
制作国 日本(1973)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ポルノ時代劇 忘八武士道」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-12-04 00:01:07

広告を非表示にするには