レインツリーの国 作品情報

れいんつりーのくに

ブログがきっかけで出会った心安らげる存在

レインツリーの国のイメージ画像1

大阪出身の向坂伸行は、高校時代に大好きだった小説「フェアリーゲーム」をネットで検索し、ひとみという女性が書いている「レインツリーの国」というブログにたどり着く。その感想に親近感を持った伸行はひとみにメッセージを送り、二人のメールのやり取りが始まった。やがて二人はオフラインでも会うことに。しかし、伸行はひとみとのやり取りに、どこか噛み合わないものを感じてしまう。実はひとみには、ある秘密があった…。

「レインツリーの国」の解説

メールのを通じて仲良くなった、大阪出身のまっすぐな青年・伸行と、18歳で聴覚に障害を負って以来遠慮がちに生きてきたひとみの恋を描く本作。劣等感や恐れから前向きになれないでいたひとみに正面から向き合い、彼女の世界を広げていく伸行は、まさに女子の憧れのヒーローのよう。伸行に押されて、自分を変える勇気を持つひとみの姿に心打たれる女性もいるのでは。伸行役のKis-My-Ft2の玉森裕太は、本作で初めて関西弁に挑戦。ひとみ役の西内まりやは、中途失聴者という難しい役柄に挑んでいる。原作は有川浩の同名小説。『阪急電車 片道15分の奇跡』『県庁おもてなし課』と、これまで二作の有川浩作品の映画化を手がけてきた三宅喜重が監督を務めている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年11月21日
キャスト 監督三宅喜重
原作有川浩
出演玉森裕太 西内まりや 森カンナ 阿部丈二 山崎樹範 片岡愛之助 矢島健一 麻生祐未 大杉漣 高畑淳子
配給 ショウゲート
制作国 日本(2015)
上映時間 108分

(C)2015「レインツリーの国」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.69点★★★★☆、17件の投稿があります。

P.N.「ハルカ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2015-12-28

初デートのワクワク感のメール、待ち合わせ場所良かった。神社での気分転換と可愛い絵馬の願い事。彼女の洋服選びがカワイーイ良いセンス。最後があのシーンで良かった。キスマイの曲が流れて友人達も泣いてました。上映回数は少なくなったけどお正月期間に友人達とまた行こうと話して別れました。玉森君演技が上手くなったね。

最終更新日:2020-02-12 13:39:52

広告を非表示にするには