無伴奏 作品情報

むばんそう

小池真理子の半自叙伝的小説を映画化

無伴奏のイメージ画像1

日本中で学生たちが学生運動を起こす混沌とした時代に仙台で過ごす多感な女子高校生・響子。同級生のレイコやジュリーと共に、時代に流されて制服廃止闘争委員会を結成し、学園紛争を行っていた。そんな響子が気がかりな両親は仕事の都合で東京に引っ越すが、仙台の進学校に通う響子は、仙台の叔母のもとで過ごすことになる。レイコに連れられ、初めてクラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」へ足を運ぶ響子。そこで偶然にも渉、祐之介、エマと出会う。この喫茶店では、好きな音楽をリクエストできるのか、バッヘルベルのカノンをリクエストする渉。響子は、席が隣り合わせになったそんな渉に興味を抱く。ある日、大学での集会で怪我をして自分の甘さを痛感し、学生運動から離れた響子は、逃げ込んだ「無伴奏」で、渉たちと再会する。響子は、渉に逢うたびに強く惹かれていった。時に嫉妬や不安に駆られ、それでも熱い想いを渉に傾けていく。だが、いつしか見えない糸が絡み始め、どうすることもできない衝撃に包まれていく。

「無伴奏」の解説

直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的小説を映画化。主人公の野間響子を演じるのは、数々の映画、ドラマ、CMなど幅広く活躍する成海璃子。これまで清楚で爽やかな役のイメージの多かったが、本作では女子高生から大人へと成長する女の性を繊細かつ体当たりの演技で見事に表現している。堂本渉を演じるのは、演技力に定評があり、今後の活躍にも注目が集まる池松壮亮。渉の友人・関祐之介を斎藤工が演じる。メガホンをとったのは、『三月のライオン』『太陽の坐る場所』の矢崎仁司。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年3月26日
キャスト 監督矢崎仁司
原作小池真理子
出演成海璃子 池松壮亮 斎藤工 遠藤新菜 松本若菜 酒井波湖 仁村紗和 斉藤とも子 藤田朋子 光石研
配給 アークエンタテインメント
制作国 日本(2015)
年齢制限 R-15
上映時間 132分

(C)2015「無伴奏」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「無伴奏」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-06 17:38:10

広告を非表示にするには