沖縄列島 作品情報

おきなわれっとう

現代日本の焦点沖縄を描いた長編記録映画

爆音の中の沖縄。頭上をベトナムと沖縄を結ぶ軍用機が去来し、すでに、日常的現実となっている。本土からの観光客を乗せて走る観光バスの向うにはB52の黒い尾翼が屹立している。観光案内をしていたガイド嬢が、突然、「沖縄を返せ」を歌いはじめた。観光客の間をぬって観光パンフレットを売る老婆。ひめゆりの塔につどう観光客。その丘の下ひめゆり洞穴の中では、二百四十九名の少女が沈黙の青春を送っている。銃弾を浴びた岩がそのまま残っている。ここを訪れる客は、ほとんどいない。戦後二十余年、“日本の沖縄”としての叫びが高まって来た。基地の町コザで、基地撤去反対のデモがあった。それは基地によりかかって生活する人々のデモだった。

「沖縄列島」の解説

新人の東陽一が脚本・監督を担当、現代日本の焦点沖縄を描いた長編記録映画。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督東陽一
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「沖縄列島」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-03-20 00:01:07

広告を非表示にするには