合葬 作品情報

がっそう

「彰義隊」に身を投じた若者の運命を描く

合葬のイメージ画像1
合葬のイメージ画像2

慶応四年の鳥羽・伏見の戦いの後、将軍徳川慶喜の警護、そして江戸市中の治安維持を目的として有志が集められ“彰義隊”が結成された。秋津極は、福原悌二郎の妹・砂世との婚約を破談にし、自らの意思で彰義隊へ入隊する。クールな物腰の反面、徳川慶喜に対して忠誠心を持っていた。一方、極と悌二郎の幼なじみの吉森柾之助は、養子先から追い出され、行くあてもなく彰義隊へ入隊。悌二郎は、彰義隊の存在意義に疑問を持っていた。

「合葬」の解説

江戸風俗研究家としても活躍した故杉浦日向子さんの日本漫画家協会優秀賞受賞作「合葬」を映画化した本作は、幕府の解体に反対し最後まで戦った「彰義隊」に参加した、秋津極、吉森柾之助、福原悌二郎という3人の若者の数奇な運命を描いたもの。ダブル主演を務めたのは、存在感のある俳優として評価が高い柳楽優弥と、今年デビュー10周年を迎え、ますますの飛躍を見せる瀬戸康史の二人。さらに新星・岡山天音を加えた注目の20代若手俳優が、急激な時代の変化に飲み込まれてしまう若者の生き様を熱演している。『ジョゼと虎と魚たち』などの渡辺あやが脚本を担当。「新撰組」や「白虎隊」に比べると、これまであまり語られてこなかった「彰義隊」に目を向けさせるという事でも意義ある注目作。

合葬のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年9月26日
キャスト 監督小林達夫
原作杉浦日向子
出演柳楽優弥 瀬戸康史 オダギリジョー 岡山天音 門脇麦 桜井美南 井之脇海 高山侑子 藤原令子 隆大介 飴屋法水 峯村リエ
配給 松竹メディア事業部
制作国 日本(2015)
上映時間 87分

(C)2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-05-24

本編から伝わって来るのは原作・杉浦日向子女史の漫画のコマ割りや線描の美しい彼女の描く画風の、其の独特のタッチ何だね?NHKプレミアムテレビにてブラウン管視聴したが、本編は大スクリーンで観たくなる撮影の佳き歴史ドラマ・時代劇で御座る。


レビューを投稿する

「合葬」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-05-29 16:00:04

広告を非表示にするには