四季・奈津子 作品情報

しきなつこ

現代の女性の新しい生き方を追求する

博多郊外に居を構える小峰家には嫁いで貞淑な妻となっている長女の波留子、平凡なOLの二女、奈津子、東京の大学で学生運動に没頭している三女、亜紀子、ノイローゼで精神病院に入院中の四女、布由子の四人の姉妹がいる。五月のある日曜日、奈津子は入院中の布由子を見舞った。うつ病の布由子は、陽性な性格の奈津子にだけは心をひらくことがある。布由子は、九州に来ている前衛劇団の公演を見に行きたいと奈津子にいう。医師の沢木も同行するということで、三人は会場に向かった。激しい雨と風の中、ボタ山の中腹で行なわれるテント公演。そこで、奈津子は東京からやって来た写真家、中垣と出会った。

「四季・奈津子」の解説

平凡なOL奈津子の心の移りかわりを通して、現代の女性の新しい生き方を追求していく。月刊誌『MORE』に連載された五木寛之の同名の小説の映画化で、これまでの映画の形にこだわらず、自由な映像を目指すということから、シナリオを作らず原作をもとに演出がなされた。ダイアローグ・ライター(セリフ作家)に、ニッポン放送第一回青春文芸賞を受賞した粕谷日出美が参加、そのダイアローグをもとに、撮影現場で状況に応じてセリフをふくらませていく試みがなされた。監督は「もう頬づえはつかない」の東陽一、撮影も同作の川上皓市がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督東陽一
出演烏丸せつこ 佳那晃子 影山仁美 太田光子
制作国 日本(1982)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-05-28

本篇出演の佳那晃子がヒロインを演じて居る江戸川乱歩シリーズ「妖しい傷の美女」も佳那が一際美しい!

最終更新日:2020-06-02 16:00:11

広告を非表示にするには