サンドラの週末 作品情報

さんどらのしゅうまつ

一人の女性が社会復帰するまで

サンドラの週末のイメージ画像1
サンドラの週末のイメージ画像2

夫と、二人の子供と暮らすサンドラ。休職していた仕事場に復職が決まった矢先の金曜、彼女は突然解雇を言い渡される。不況の中、社員にボーナスを支給するには、ひとり解雇する必要があるというのだ。しかし同僚の取りなしで、週明け月曜の投票でサンドラを選ぶ者が過半数を超えれば、復帰できる事に。週末の2日間、サンドラは夫に支えられながら、同僚たちを説得して回るが、同僚たちにもさまざまな事情があった。

「サンドラの週末」の解説

『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』で、アカデミー主演女優賞を受賞したフランス人女優マリオン・コティヤール。本作でも第87回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされるなど、今やフランス映画界を代表する女優。その彼女が“すっぴん”で労働者階級の主人公を演じ、しかも監督が“芸術性は高いが非商業映画的な作風”のダルデンヌ兄弟と知れば、映画通ほど驚くのでは。もちろんダルデンヌ兄弟は、過去二度もカンヌ国際映画祭の最高賞であるパルムドールを受賞している、世界トップレベルの監督。映画の中のコティヤールは、まさに“私たちの身近にいる人”だ。同僚たちひとりひとりに頼みに行くたびに、彼女のプライドは傷ついていくのが、手に取るようによくわかる。最後にサンドラが得たものは何だったか。観客の心に響く作品だ。

サンドラの週末のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年5月23日
キャスト 監督・製作・脚本ジャン=ピエール・ダルデンヌ リュック・ダルデンヌ
出演マリオン・コティヤール ファブリツィオ・ロンジォーネ
配給 ビターズ・エンド
制作国 ベルギー=フランス=イタリア(2014)
上映時間 95分

(C)Les Films du Fleuve - Archipel 35 - Bim Distribuzione - Eyeworks - RTBF(Televisions, belge)- France 2 Cinema

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、6件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-06-18

Movie plusのTV放映でフランス映画「女子大生レア」と言う作品を視ていてパワハラ・セクシャル・ハラスメントな大學教授の嫌らしさと訣別する爽やかな海辺のラストシーンでふとダルデンヌ兄弟監督の本編等のタッチを感じて仕舞った…。此の感じは理不尽なものと対峙する時のサンドラのリベンジとして、健気なマリオン・コテイヤールの素顔の熱演として。又、是枝裕和監督作品にもこんな気持ちにさせられる映画がまま在ったけれどもー。

最終更新日:2021-04-14 19:15:48

広告を非表示にするには