トイレのピエタ 作品情報

といれのぴえた

“RADWIMPS”の野田洋次郎が映画初主演

トイレのピエタのイメージ画像1

画家になる夢を諦め、窓拭きのバイトをしている宏。美大時代の恋人さつきと再会し、彼女の個展に誘われるが、絵に対する情熱は冷めていた。そんなある日、宏は突然倒れ病院に運ばれる。精密検査の後、結果は家族と一緒にと医者から告げられる。両親に連絡するのは煩わしいと思い、さつきに頼んで病院に来てもらうも、口論となり彼女は帰ってしまう。その時、ロビーで女子高生を見かけた宏は、妹役をやって欲しいともちかける…。

「トイレのピエタ」の解説

漫画家・手塚治虫が死の間際まで綴っていた日記の最後のページに残されていた「トイレのピエタ」から着想を得たオリジナルストーリーを、俳優としてデビューした後、ドキュメンタリー映画『ピュ~ぴる』が好評を博した松永大司監督が、劇映画第1作として映画化。人気ロックバド“RADWIMPS”の野田洋次郎が初めて映画の主演を務め、余命3か月の若者役を演じているのが話題だ。純粋な女子高生と出会い、生きる喜びを見つけだす青年を演じた野田は、死を目前にした男の絶望と執着を見事に表現している。ヒロイン役にはCMやドラマで注目を集める17歳の杉咲花が抜擢。リリー・フランキー、宮沢りえ、大竹しのぶと、豪華な俳優陣が脇を固める。主題歌は野田本人が歌う「ピクニック」。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年6月6日
キャスト 監督・脚本・原作松永大司
原案手塚治虫
出演野田洋次郎 杉咲花 リリー・フランキー 市川紗椰 古館寛治 森下能幸 澤田陸 MEGUMI 岩松了 大竹しのぶ 宮沢りえ
配給 松竹メディア事業部
制作国 日本(2015)
上映時間 120分

(C)2015「トイレのピエタ」製作委員会

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「トイレのピエタ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-07 13:25:22

広告を非表示にするには