女の橋 作品情報

おんなのはし

新橋の名妓小坂順子の同名小説を映画化

新橋の芸者たまきは、財界の有力者有本礼助の座敷で知った青年社長川津俊哉に心をひかれた。十五年前、たまきは医者の山名和彦と結婚して孝次を生んだ。和彦は看護婦とし子と関係したまきを裏切った。それ以来、たまきは習い覚えた踊りをもとでに花柳界に身を投じた。川津と関係したたまきは妊娠した。川津のすすめで子供をおろしたたまきは、銀座裏に家を持った。川津の心はたまきからしだいに離れていった。

「女の橋」の解説

新橋の名妓小坂順子の同名小説を、「伊豆の踊子(1960)」の田中澄江が脚色し、「斑女」の中村登が監督した女性編。撮影は「続こつまなんきん お香の巻」の倉持友一。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中村登
出演瑳峨三智子 田村高廣 藤山寛美
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「女の橋」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:19:52

広告を非表示にするには